スウェーデンが「戦争」準備開始 国民に食料・毛布など備蓄するよう呼びかけ

  • スウェーデンが戦争を想定し、備えを呼びかけるパンフレットを国民470万世帯に配布予定
  • 内容は「平和時における危機や惨事だけでなく、社会とスウェーデンに対する別の種類の攻撃」にも備えるよう促すもの
  • スウェーデンはロシアの脅威の高まりを受けて軍備を増強している

詳細はコチラ


スウェーデン、国民470万世帯に戦争への備え呼びかけるパンフレットを配布

ロシアの脅威の高まりを受けて軍備を増強しているスウェーデンが、国民470万世帯に戦争に巻き込まれる事態を想定した備えを呼びかけるパンフレットをこの春にも配布する。

「平和時における危機や惨事だけでなく、社会とスウェーデンに対する別の種類の攻撃」を促す内容となっており、「世界がひっくり返った」事態を想定し、自宅に食料や水、毛布などを用意しておくように国民に助言

自治体に対してはかつての冷戦時代の防空壕を準備するよう求めている。

スウェーデンでは徴兵制が2010年に廃止されたが、2017年3月、2018年から復活させると発表。さらに全土で軍備強化を図り、バルト海に面した戦略的な要衝となるゴットランド島に部隊を配備している。


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
北欧の福祉や制度の素晴らしさを見習うだけでなく、国を守ろうとするこの努力こそ見習うべきではないのかな。
国家が亡くなれば、当たり前と思っている自由や権利を失うということを国民も政治家もわかっているのだろう。
これが現実。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
ロシアになっても、体質はソ連時代とあまり変わっていないような気がします。

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
スウェーデンはひたすらデンマークとロシアと戦って来たし意外じゃないね。かつてはバルト三国やフィンランドもスウェーデンだったこともあるわけだし。デンマークとイギリス側と歩調を合わせられるなら、かつての轍は踏まないだろう。前の時は、そこたらじゅうに戦争吹っ掛けた形になって、両面作戦するだけの海軍力不足が仇になって大敗北を喫したが、歴史的には北方の強国というか問題児だが、あそこは逞しい。そもそもイスラムに対する欧州の危機を救った民族だし、なにげに強いんだよ。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
他人事ではない。
日本のほうが切迫してる状態なはずなのに、呑気にもほどがある。
こういうの、見習ってほしいわ。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
こういう記事を見ると、9条信者がいかに日本の安全保障を脆弱にさせて来たのかと思う。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
国家としてきちんと自立するということはこういう事だと考えます。
危機管理がやはり違いますね。危機は自然災害だけではないはず。
日本は経済的には大国の一員かもしれませんが、国民の生命と
財産を守る事や国民の危機意識からするとやはりまだまだ。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
スウェーデンがそんなことになってるの?
驚きです


>こちらの記事も要チェック!


強いヤツには喧嘩売ろうと思わないもんね