【動物虐待死か】公園に埋められた猫11匹の死骸…うち2匹は子猫 相模原・松が枝公園【画像アリ】

17ab538d_131006_135032_0

相模原市「松が枝公園」の植え込みの土の中から、埋められた11匹の猫の死骸を発見

目立った外傷はないとのこと。一体なぜ…


公園に埋められたネコ11匹の死骸 2匹は子猫 相模原

  • 7日午後3時ごろ、相模原市南区松が枝町の「松が枝公園」で、植え込みの土にネコの死骸が埋められているのを、ごみの回収に訪れた市の職員が見つけた。
  • 市によると、死骸は全部で11匹見つかり、いずれも目立った外傷はなく、2匹は子猫だったという。相模原南署は動物愛護法違反の疑いも視野に調べている。

詳細はコチラ

動物の愛護及び管理に関する法律 – Wikipedia

概要

動物の愛護及び管理に関する法律(どうぶつのあいごおよびかんりにかんするほうりつ、昭和48年10月1日法律第105号)は、動物の虐待等の防止について定めた法律である。略称は動物愛護法。目的は、動物虐待等の禁止により「生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養に資する」こと(動物愛護)、動物の管理指針を定め「動物による人の生命、身体及び財産に対する侵害を防止する」こと(動物管理)である。
1999年(平成11年)12月に26年ぶりに改正し、2005年(平成17年)6月にも改正し、5年を目安に検討することを定める(平成17年法律第68号附則9条)。2013年の改正では、飼い主やペット業者の責任や義務が強化され、実物を見せないまま販売する事は禁止され、飼い主はペットが死ぬまで飼い続ける責務がある事などが盛り込まれた。

みんなの反応

・相模原って猟奇的だな。近寄らないようにしよう。
それにしてもねこがかわいそうだ。

・最悪だ…
なんでそんな事できるんだよ

放置でなく埋められていたのであれば、異常者ではあるもののサイコパスではないような気がする。

残忍な事件のオンパレードじゃないか—相模原
最近すたれ始めた猫カフェ、ブリーダー絡みじゃないといいが。
よくもこんな事ができるものだ。

・埋められた猫の死因はなんだ?

・犯人には同じ目にあわせてあげましょう

・何でそんな事できるんかなー。

・ただ、今から数十年前なら恐らくニュースにはなっていない気がする。

・単に始末に困ったあげくの行為なら、他にもっと方法があっただろうに。
そうで無いのだとしたら、この数は尋常じゃない。
そのうち人を殺したりして?

・猫を痛めつける奴は、猫好きとして絶対に許さない
相模原のイメージも最悪じゃないか…

・許せない
猫可哀想だから本当にやめてほしい
なんでいつもこういうおかしい人の標的って猫なの?
こんなことするなら自分の命を絶てばいいのに

自分で始末するのはダメで、保健所が始末するのはOKってのも不思議な話だよね。

・病気で死んだ猫を優しい人が埋めてあげたと。
無理があるけど、そう思いたい自分がいます。

・見つかったのは埋め方が雑だったからか。
何故そんな事になったのか経緯が気になる。
不幸な最後で猫は可愛そうだ。

・猫を殺せる人は人も殺せるのです。
怖いです。

絶対に許すな。

同時にこんなに何匹へ惨いことを。絶対に捕まってほしいし、防犯カメラをこの先できるだけ多く設置していってほしい。

こちらの記事も要チェック!


一生刑務所おれ!

関連記事