【STOP殺処分】動物保護施設の美人獣医師「私の死によって捨て犬がどんな目に遭うか理解してほしい」安楽死の薬を自分に注射し自殺(画像あり)

犬の殺処分に耐えられず…動物たちを安楽死させる薬品を注射し自殺

  • 2月、台湾では保護施設に収容された犬や猫の殺処分を廃止する新法が施行となった
  • 今から1年前には、動物保護施設で働く獣医の女性、簡稚澄さんが犬の殺処分に耐えられなくなり、動物の安楽死に使う薬品を使い自殺していた
  • 簡稚澄さんの遺書には「私の死によって、捨てられた動物にも命があることをわかってもらいたい。命を大切にしてほしい」と書かれていた

 

耐え切れないよな…毎日毎日
動物を助けたくて獣医になったのにね
保護した動物の事を想うほど、日々追い詰められて行ったんだろうと思うとつらすぎる


獣医の簡稚澄さん
動物が大好きで、滅多に昼休みも取らず休日も犠牲にして犬に貢献していた








動物保護施設の獣医、安楽死の薬を自分に注射 台湾

  • 台湾では今月、保護施設に収容された犬や猫の殺処分を廃止する新法が施行された。今から1年近く前、殺される動物たちが見るに忍びないと、施設で働いていた女性獣医が自殺し、台湾に衝撃が広がっていた。BBCのシンディー・スイ記者が取材した。
  • 動物が大好きだった獣医の簡稚澄さんは、動物保護施設で働いていた。別の仕事、別のタイミングだったら、もしかすると避けられた悲劇だったのかもしれない。
  • 2016年5月5日、簡さんは自らの命を絶った。動物たちを安楽死させる同じ薬品を使って。迷い犬がどんな目に遭うか、台湾の人々に理解してもらいたいという書き残して。
  • 簡さんは地元CITテレビからインタビューを受けた際、初めて殺処分に立ち会った時のことを語っていた。「家に帰って一晩泣き明かしました」しかし、メディアに出たことがきっかけで、簡さんに対する個人攻撃が始まった。簡さんが2年間で700匹を殺処分したと報じられると、一部の人は簡さんを「美しき虐殺者」と呼んだ。
  • 簡さんの同僚、高瑜婕さんはこう話す。「彼女(簡さん)のことを肉屋と呼ぶ人がいました。(中略)私たちは怒鳴りつけられることも多く、地獄に落ちるだろうと言う人もいる。私たちが喜んで殺しているとか、残酷だとか。だけど、犬は今でも捨てられています。犬が狂暴だとか、逆に弱すぎるとか、鳴き声がうるさい、ちゃんと吠えないなど、いろんな理由が付けられて」。
  • 簡さんの遺書にはこう書かれている。「私の死によって、捨てられた動物にも命があるということを皆さんに分かってもらえればうれしいです。(問題の)原因に対処する重要性を政府に理解してもらいたいです。命を大切にして」。
  • 今月4日に施行された新法によって、捨て犬や猫の殺処分は廃止された。予算は4割増加。検査官が増員され、保護施設にペットを持ち込む人からは125ドル(約1万4000円)が徴収される。

詳細はコチラ

殺処分 – Wikipedia


殺処分(さつしょぶん、さっしょぶん)とは、不要な、もしくは人間に害を及ぼす動物を殺害することである。

概要

動物の愛護と管理に関する法律第35条5項によって定められた、犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置第4で定められている「処分」とは、殺処分の他に譲渡処分とされており、飼い主への返還や里親募集業務による希望者への譲渡も含めた「愛護施設から出て行く全ての事例」を指している。
なお、平成27年度の環境省の統計資料によると、返還・譲渡率は犬が29.6%(29,637頭)、猫が23.0%(23,037頭)、殺処分率は犬が33.9%(15,811頭)、猫が74.4%(67,091頭)となっている。

高濃度の二酸化炭素は哺乳類の呼吸中枢を麻痺させるので、小・中型動物の場合には二酸化炭素による昏睡と自発呼吸の停止による窒息死で処分するという方法が一般的であり、最終的に死体は焼却される。定期的な慰霊祭などを実施しているところもあるが食肉生産等のために行う「と殺(屠殺)」とは異なり、人間社会に最も身近な動物である犬・猫を飼い主側の一方的な都合によって殺さなければならないという点において、獣医師も含めて処分に携わる職員の精神的苦痛は非常に大きい。
老犬や殆どの猫は貰い手が見つからないことが多く、里親募集をされることすらなく殺処分されるケースもある。このような不幸な事例を少しでも減らすべく、各自治体はさまざまな動物愛護に向けた啓蒙活動を行っている。

★最新芸能ニュース★


1: ジャム速ニュース jamsoku-news
悲しすぎる………
このような仕事がなくて良い世の中になって欲しいです。ご冥福をお祈りします。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
彼女は本当に犬達を救いたかったんだろうね。個人の力には限界があって、現実をどうにか変えたかったんだろうけど、なんとも悲しい話ですね。

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
心の優しい人だね(ToT)

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
日本の現状はもっと酷い、もうね、ペット販売、繁殖やめて、安易に飼えないようにして、飼いたい人は責任もって身寄りないペットの里親になっていくようにして欲しい

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
悲しい。
日本も同じ。もっとこの悲しい現実を変える努力をせねば。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
優しい人ほど精神的に耐えられなくなる仕事だな
動物好きの自分には絶対耐えられない自信あるわ
不幸な動物がいなくなるようにしてほしいけど
現実は大量に繁殖販売され無責任に扱われる事の多いこと

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
実際ただ訴えていただけでは、この法案は通らなかったと思う。
命を犠牲にして通した法案。
でも、犠牲がないと何ができないこの世の中が寂しい。

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
美しき虐殺者って…ひどすぎるでしょ
動物かわいいあまりに敵を間違えてる

 

9: ジャム速ニュース jamsoku-news
これは政府より捨てた人の責任です。


10: ジャム速ニュース jamsoku-news
日本も殺処分ゼロに取り組んで欲しい。

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
まず、ブリーダーはきちんと登録制にして、悪質繁殖業者を無くして欲しい。ペットショップでの生体販売も無くして欲しい。これだけでも、辛い思いをする動物が減らせるはずです。

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
もともと動物が好きで就いた仕事だったはず。
とても悲しい考えさせられる内容です。

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
心が痛みます。
ご冥福をお祈りいたします。

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
日本も台湾に見習わないといけない
日本の動物愛護はとても先進国水準とは言えない

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
先日飼い猫が治る見込みの無い病気になり、苦痛に悶え苦しむ姿に耐えられず獣医さんに安楽死していただきました。
本当に辛く今でも涙が出てきてしまうけど、獣医さんも同じように辛かったのだろうな思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

>こちらの記事も要チェック!


「美しき虐殺者」なんて言ってるやつはじゃあ何をしてるんだ
こういう人たちが精神削って活動してるおかげで不幸な動物が徐々にではあるけど減ってるのに
何がペットブームだよ(´;ω;`)

▼コチラの記事もオススメ▼