【シュワッチ!】ウルトラマン映画新作、敵役はまさかの“あの女性”に決定!wwwwww

ウルトラマンの敵・宇宙魔女賊ムルナウを演じるのは女芸人の椿鬼奴!

最近ではモンストの「幽☆遊☆白書」コラボCMで「戸愚呂(姉)」を演じていた椿鬼奴。どんなビジュアルか今から気になる!

ウルトラマン映画新作、敵役に椿鬼奴!来年3月公開

  • 円谷プロが製作するウルトラマンシリーズの最新作『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』が来年3月11日に公開されることが決定し、あらすじ・キャスト・キービジュアルなどが明らかにされた。テレビ版と同じく石黒英雄がウルトラマンオーブ兼クレナイガイの役を担い、ヒロイン・夢野ナオミ役を松浦雅が務めるほか、宇宙魔女賊ムルナウとして女芸人の椿鬼奴が登場する!
  • 劇場版では、宇宙で最も邪悪な心を持つ者のもとを巡り、持ち主の能力を増幅させるという恐るべきアイテム「ダークリング」が、美を愛し、美しいものを宝石にしてコレクションする邪悪な宇宙魔女賊ムルナウ(鬼奴)の手に渡ってしまう。新たなターゲットとして地球を宝石化しコレクションに加えようとするムルナウ。その裏ではオーブの宿敵ジャグラス・ジャグラー(青柳尊哉)が暗躍していて……。
  • はたして極悪宇宙人軍団を率いるムルナウをオーブは倒すことができるのか。地球の未来をかけた史上最大の決戦がついに始まり、かつてない地球の危機にウルトラマンゼロとウルトラセブンもかけつける!

詳細はコチラ

椿鬼奴 – Wikipedia


椿 鬼奴(つばき おにやっこ、1972年4月15日 – )は、日本のタレント、お笑い芸人。本名 佐藤 雅代(さとう まさよ)(旧姓:宮崎)。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属(東京吉本)。東京NSC4期生(夜クラス)として卒業。

概要

東京都渋谷区生まれ。代官山町の裕福な家庭で育つ。
桐蔭学園中学校・高等学校に入学。弓道部に所属し、高校1年のときは神奈川県大会で優勝など各種大会で優秀な成績を収めている。同校卒業後、清泉女子大学に進学。学生時代アメリカ・ロサンゼルスにホームステイした経験がある。ヘヴィメタルを中心とした洋楽を好むようになる。
鉄鋼会社勤務の父親が株式投資を始め、バブル時代は株の儲けで特に裕福に暮らすことができたが、バブル崩壊後に父親は株で大損し、借金返済のため自宅マンションを売却した。その後両親は離婚、母親と弟と共に家を出て3人で生活を始める。その後はアルバイトをしながら大学を卒業し、就職活動はせず1か月無職で過ごすが、友人の誘いによりインターネットカフェで2年間アルバイトをする。その後、ペットフード輸入販売会社の社長の娘である友人の誘いで就職しOLになった。
OLとして働いていた時期に「OL生活に彩りを」と思い、フィットネスクラブや英会話スクールに通っていた。それらに飽きた頃、前述の友人が雑誌『ケイコとマナブ』に載っていた吉本興業の芸人養成所を偶然見つけ、それを勧められたことをきっかけに芸人に興味をもつ。最初は「お稽古ごと感覚」で東京NSC4期生に入学したが、NSC在籍中に勤めていたペットフードの会社が倒産したため、芸人を本格的に志すことになった。26歳でデビュー。

みんなの反応

最近特撮ものの映画に芸人が敵役でよく出るな

・時代は変わった。

・今度の作品ではウルトラセブンとゼロが出るようだけど
テレビにもウルトラ兄弟が出てきたら面白いのにね。

・最後はウルトラマンが勝つんだろうな…

・>ウルトラセブンもかけつける
という事は…森次晃嗣さん出るのかな(それだけが気になったりして)?

・最近は戸愚呂姉役もやったりなんかして、大活躍の奴姐さん!

鬼奴さんが敵役。良いかも、しかも観て見たいかも。
でも、突然歌い出してズッコケさせるのはやめてね(;’∀’)

・今はライダーよりウルトラの方が遥かに面白い。ちなみに私はライダー派でありますが…

ガラモンではないのか。

・でも最近は怪獣の使いまわしが多いよね。
ナックル星人とかメフィラスとか。

・最近のウルトラマンにはついていけんw

・奥様は順調だけど旦那さんの名前を共演以外見ないんだけど・・・

・ダダとかそういう感じの怪獣に変身するのかな

・もっとセクシーなタイプが良いな。
映画なら華やかな悪役が欲しい。
深キョンみたい悪役なら見たい。

・最近は特撮物(仮面ライダーや戦隊物)などもお笑いに走ってるよね。

・鬼奴、怪獣映画より妖怪映画の方が似合いそうだけどなあ。

最近のウルトラマンは内容の幼稚化が進んでいて、大人の見るものではなくなった気がする。
残念なことだ。

鬼奴がウルトラマンに勝って終わりなら逆に新しいのに

>こちらの記事も要チェック!


昔のウルトラマンはトラウマだったからな〜
でも昔のアニメとか特撮って、過激だったけど「悪いことしたらこうなるぞ」っていう怖さがあって、子供にはかえってよかったのかもしれない

関連記事