【悲報】銀魂キャストが続々と謝罪「実写化して申し訳ありませんでした」(動画あり)

「皆様の愛する銀魂を実写化してしまい申し訳ありません」監督・キャストの『銀魂(ぎんたま)』らしい謝罪パフォーマンスにファン歓喜

  • 人気漫画『銀魂』の実写映画が2017年7月公開となるが、映画関係者が“謝罪”する動画が次々公開され「銀魂らしい」と話題になっている
  • 事の発端は、ジャンプフェスタで福田雄一監督と映画キャストである佐藤二朗、ムロツヨシの“謝罪動画”が公開されたこと
  • 21日には主演の小栗旬が謝罪、数時間後には菅田将暉もした謝罪

 

一体何事かと思ったらw
こういう原作をリスペクトしてる演出は素晴らしいね!

【動画】ジャンプフェスタでの謝罪

【動画】小栗旬の謝罪


【動画】菅田将暉の謝罪

【動画】実写映画『銀魂』特報

実写『銀魂』関係者が続々と謝罪…“謝罪会見”を期待する声も

  • 空知英秋の人気漫画を実写化する映画『銀魂』(2017年7月公開)の関係者が実写化を“謝罪”する動画が次々と公開され、そのユーモアたっぷりのパフォーマンスが「『銀魂』らしい」とファンの間で大きな反響を呼んでいる。
  • 事の発端は、先日開催されたジャンプフェスタ2017の「銀魂」スーパーステージにて、福田雄一監督、佐藤二朗(武市変平太役)、ムロツヨシ(平賀源外役)の3人による“謝罪動画”が公開されたこと。映像で福田監督は2人と共に「今回は皆さんの愛する銀魂を実写化してしまい本当に申し訳ございません」と謝罪。加えて、この動画に登場したのが主演の小栗旬(坂田銀時役)や菅田将暉(志村新八役)、橋本環奈(神楽役)でないことも謝罪した。
  • 21日には「どーしても万事屋の長として銀魂ファンの皆様に謝罪したい」という小栗の謝罪動画が福田監督のTwitterで公開。そして、やり玉に挙げられた菅田も、小栗の動画が公開された数時間後に福田監督が公開した動画に登場。
  • この謝罪リレーにSNS上のファンは、「まさかの謝罪」「謝罪から始まるなんて銀魂らしい」「こういう原作の雰囲気を取り入れてくれる感じ…好きです」と反応。「銀魂」というと、アニメシリーズでとある謝罪会見のパロディーを行った回が大きな話題となったこともあり、「銀魂らしい謝罪はやっぱり謝罪会見じゃないですかね。例の(笑)」「完成披露試写会とかの記者会見は、あの野○議員の謝罪会見風に…するってオチ? を期待!」などとさらなる“謝罪”を求める声も上がった。

詳細はコチラ

銀魂 – Wikipedia


『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2004年2号より連載中。

概要

作者の初連載作品であり、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。作者はこの作品の属性を「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」と表現している。単行本は2016年11月現在、第66巻まで刊行。
本作の第1巻には『だんでらいおん』、第2巻には『しろくろ』、第24巻には『13 サーティーン』、第38巻には『ばんからさんが通る』が収録されている。
話数カウントは「第○訓」(○には漢数字が入る)となっており、各話のサブタイトルは長く、漫画本編の内容を意識した教訓的な物・作者の素朴な疑問・ことわざ・ツッコミ等が付けられている。主人公が周囲の面々と繰り広げるドタバタギャグがストーリーの基本路線ではあるが、感動を誘う人情話・バトルなどによるシリアスな展開になる事も多い。将軍暗殺篇以降は連続性の強い複数の長編で構成されており、所々にギャグを挟みつつも、主要人物の死の明確な描写といった物語のクライマックスを意識した描写が多く、サブタイトルも簡略化されたりと、全体的にシリアスな作風になっている。また「主人公以外の人物が中心となって進行する」「主人公が全く登場しない」エピソードも多く見られる。主人公を始めとした多くの登場人物が必殺技を持たないのも特徴。

関連記事

みんなの反応

 

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
銀魂の場合もし実写がコケてもそれをネタに出来るようなアニメだからな。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
この謝罪だらけってノリもなんか悪くない。
少なくとも「どうだ!」って大作ヅラしてやられるよりかは合ってる。

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
監督が銀魂の作風をしっかり理解してるから、意外と期待できるかも

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
銀魂はまだコケてもネタになるから平気

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
制作サイドが銀魂の気風に合わせてるなら、こいつは期待できるんじゃないか?
少なくとも、訳の分からん敵を倒してヒロインとキスして訳の分からんハッピーエンドってノリのハリウッド系作品よりかは期待できる。
というか、実写化失敗しても「やっぱり無理でした!すみませんでした!」とかやってくれたら、原作に逆輸入もできるのではないかとワクワクしている。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
福田監督の銀魂なら、面白いと思う。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
銀魂は以外と実写期待できそう。ハガレンはダメだと思うけど。

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
銀魂は覚悟決めた感があるなぁ。
ただジョジョはテラフォ臭がして悲しい。

 

9: ジャム速ニュース jamsoku-news
そうゆうノリがあるなら、観に行くかも。
ガンダムとかカイエーンとか出てほしい!!

 

10: ジャム速ニュース jamsoku-news
中村勘九郎が全裸で素振りするシーンがあるなら、認めよう。

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
このアニメであの監督でその俳優陣なら振り切ってくれそう。楽しみ楽しみ。

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
批判してる裏で実はどうなるか気になってる人達もいると思うよ

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
小栗旬が出演したルパン三世やテラフォーマーズより期待できる

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
話題にもなり、先に謝ることで批判を牽制、むしろ世界観を取り入れたという事でファンの怒りも多少和らぐ…
かなり上手い方法だと思う。この作品にはもってこいの宣伝となった

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
以外と楽しみでしかない

こちらの記事も要チェック!


いやー、これはすごい!
ひっくり返したなあ