「ムーミン出身地問題」まさかの大論争に発展してるらしいwwwww

大学入試センター試験、地理Bの問題に「ムーミンの出身地」についての問題が出題され話題となったが、ムーミンの舞台はフィンランドではなく「ムーミン谷が舞台」との指摘が相次ぎ、北欧の研究者らを巻き込む議論に発展。


ムーミンの出身地問題はガチで出題ミスだった?

問題はフィンランドに関するアニメと言語との正しい組み合せを4択から選ぶという内容で、アニメは「ムーミン」「小さなバイキングビッケ」の2択。
言語は「ヴァ コステル デ(いくらですか?)」「パリヨンコ セ マクサー(いくらですか?)」の2択となっており、ムーミンとフィンランド語の組み合わせを正解とした。
しかしこの問題が出題ミスではないかとの指摘が上がっている。以下、それぞれの意見。

 

【ネット上の意見】
「ムーミンはムーミン谷が舞台」

【専門家の意見】
大阪大外国語学部スウェーデン語専攻の古谷大輔准教授らは「物語の舞台のムーミン谷は架空の場所」
「ビッケと仲間たちが住んでいる村もノルウェーとは明示されていない」
「フィンランドとノルウェーを描いた根拠がなければ解答不能になる」

【ムーミン公式サイトの意見】
「原作の挿絵に『フィンランド湾』と書かれている」としつつ「アニメの設定は十分な資料がなく、舞台がフィンランドかは第三者の検証に委ねたい」

【センターの反論】
「日本で刊行された書籍に原作者のコメントとして『フィンランドにあるムーミン谷』との記述が見られる」
「低平で森林と湖沼が広がるフィンランドが類推される」←この説明については地理・地学の教員らが作った日本地球惑星科学連合の有志が「平地、樹木、湖沼はノルウェーにも実在する」としてセンターに説明を求める要望書を送っている

 

ネット上のみならず、研究者や地理・地学の教員らの団体からも疑問の声が上がっているが、センターは「出題ミスではない」との立場を崩していない

なお、肝心の受験生は意外と冷静だという。
ある進学校の校長は「生徒は制限時間内に、自分の知識でなんとか答えを導き出そうと必死で、ムーミンをそれほど気にかけていない。大人の方がムーミンに親しみがあるから騒ぎになったのでしょう」と笑っていたという。

▼関連記事

詳細はコチラ


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
この騒動に関しては、最後の校長先生の言う通りだと思う。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
フィンランド語は特殊だねー。
スェーデン語とノルウェー語は近い。
まあ、周囲が騒ぐほどのことはないさ。
しかし入試問題作成の仕事なんてやりたくないだろうなあ。報酬もすずめの涙くらいだろうし。笑

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
消去法から正解の選択肢が選べるだけ。
ムーミンがフィンランド舞台である地理的確証はない。本に書いてあるという雑学の問題。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
校長先生のいう通りだし、実際にセンター受けた息子は、アニメを知らなくても解答出来たって言ってた。
マスコミがこんなにも一生懸命取り上げる意味が分からない。
他に話題がないの?

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
友人が高校で教員してますが、ネットとマスコミが騒いでるだけで現場では全く騒ぎはないそうです。
それにムーミンを知らなくても解けるし、すごく易しい問題だと思う。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
普通の受験生はこんなセンターの2、3点の問題でいつまでもギャーギャー言ってないで二次に切り替えてるだろ。未だにこれで騒いだるの誰なの?

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
まぁ、大した問題ではないが、灘中の入試の方がよほどよく作られている。だが、低平、低木は、画像からはわからん。アニメの絵なんだから、デフォルメもあるし、遠近法がどうなのかもわからん。アニメを見た事なければ、ムーミンが巨大だと思うかもしれんし(笑)。


>こちらの記事も要チェック!


ムーミン的にはむしろおいしい結果になりましたね(*´ー`)