高須クリニック・高須院長の“恋人を頑なに整形しない理由”が深すぎる(´;ω;`)

「人は欠損に恋をする。欠損の理解者になる」高須クリニック高須克哉院長、深すぎる…

  • 高須クリニックの高須克弥院長が恋人である西原理恵子に“頼まれても絶対に整形しない理由”が深いと話題に
  • 新しい整形技術を発見すると率先して自分の身体で試す高須院長。なぜ西原の整形だけは頑なに嫌がるのか?
  • その理由を高須院長は「人は欠損に恋をするんです。」不完全だからこそ補い、理解したいと思うんだと語った

 

男前すぎる(´;ω;`)


ダーリンは70歳

 

高須クリニック・高須克哉院長

 

漫画家・西原理恵子

高須院長の“恋人を頑なに整形しない理由”が深すぎると話題

  • 高須クリニック・高須克弥院長(72)と交際中の漫画家・西原理恵子(52)。彼女の著書『ダーリンは70歳』(小学館)シリーズの内容が、SNS上で話題になっている。高須院長は09年に西原との熱愛が発覚。20歳も年の差がありながら、おしどりカップルとしても有名だ。そんな2人の交際の様子を描いた同著では、たびたび西原が高須院長に「整形したい」とお願いする場面がーー。
  • 《自分の身体で美容整形したいとこはたるんだお腹》《絶対ダメ》

    《本当に昔っから直したい一番はこの顔の真ん中に居座ってるどでかい南方あぐら鼻。ニコール・キッドマンみたいな小鼻にして!このお願いはもう何百回もしてるけど》

    《できるけど絶対しない》

    このように西原が必死に(ときには泣きながら)懇願をしても、高須院長は絶対に彼女にメスを入れないのだ。

  • 高須院長ほどの腕を持つ整形外科医なら、愛する女性をより美しくしてあげることは簡単なはず。しかも高須院長は自身に手術を施し美容整形を試しているのは、有名な話だ。なのになぜ、ここまで頑なに西原の整形だけを嫌がるのか?その理由について、こう語ったという。
  • いいですかりえこさん、人は欠損に恋をするんです。黄金率でないもの、弱いもの、足りてないもの、人はそれを見た時、本能で補ってあげようとする。その弱さや未熟さを自分だけが理解していると思う。欠損の理解者になるのです
  • 高須院長の言葉に、SNS上では《毎日整形したいと本気で思っていたけど考え直す気になった》など共感の声が。

詳細はコチラ

高須克弥 – Wikipedia


高須 克弥(たかす かつや、1945年〈昭和20年〉1月22日 – )は、日本の医師(美容外科・整形外科)。医学博士、昭和大学医学部客員教授、医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長、浄土真宗僧侶。テレビなどのメディアを使って美容整形を一般に認知させた立役者であり、芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手がけた。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動した。国際美容外科学会会長および日本美容外科学会会長にも就任した。

概要

ドイツで学んだ形成外科の技術がまだ日本で導入されていないことを知り、まだ未発達な日本の美容業界ならトップになれると考え、美容外科に転身した。美容外科に対しては親族の反対も強く「高須家の恥」などと言われ総スカンを食った。親族に美容外科が伸びしろがある領域で今後の成長も期待できることを説明したが、「もし成功したら、逆立ちをして町内をまわってやる」などと言われ、全く期待されていなかった。1974年、愛知県名古屋市に高須クリニック開設。1977年、著書『危ない美容法』がベストセラーになり、「美容整形の専門家」としてTVに出演するうちに、次第に注目を浴びるようになった。

当初はTVの影響で包茎の手術が多かった。簡単に手術が出来る方法を考案し1日300人の包茎手術をしたこともあった。レーザーメスで包皮をやく匂いがビルに充満し、他のテナントより「人を焼く匂いがする」と苦情が来たり、火災警報器が作動したりすることもあった。日本の男性の仮性包茎に対して「包茎を治さない人は人間じゃない」という概念を流行させてしまったのも高須であるとされる。高須は韓国にも技術指導していたので、高須の影響で韓国での徴兵時の身体検査で包茎チェックが必須項目になってしまった。しかし、過度の包茎患者の依存は高須の本意ではなく、イメージの払拭に長年悩まされることになる。

★最新芸能ニュース★


1: ジャム速ニュース jamsoku-news
この記事をよんで、安易に整形をしようとしている人の気持ちに届くといいね

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
「綺麗な人」と「好きな人」て、違うて事。

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
言われてみれば確かに不完全なものに美を感じるかも。でも自分の欠点を愛せるかというと別ものだよね。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
深いな。そういう倫理観みたいなものがちゃんとしてる人ならいいね。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
悪い人でないというのはなんとなく感じてたけど、
行動や話すことが大胆すぎて、ちょっと「変な人」のイメージでした。
でもこの言葉はなんか胸に響いた。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
昔はただの成金じじ位ぐらいにしかおもってなかったけど、最近高須先生なんか好き。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
弱い部分も中身がほんま好きやねんなぁ。。
そこまで好かれてる自分に自信を持って生きてほしいって
言ってくれる人がおって幸せかもな。

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
そうだね
完璧に美しい顔を身近で見たことないからわからないけど
そんなに美しくもない顔を自分だけが特別に思えるって大事な気持ちだよね
逆ももちろん

 


9: ジャム速ニュース jamsoku-news
綺麗になっても 心がきれいでないとね!

 

10: ジャム速ニュース jamsoku-news
人工的なものだし、100%はないからではないですかね、それでも美人が得をする世の中である事は確か。

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
自分がマイナスと思うところを愛おしく思ってくれる。
これは… お互いに人間度が高くないと 成立しない愛だろうね。

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
先生のボランティア活動?のお金の使い方には
尊敬する所があったけど、考え方も素晴らしいですね。
儲けたら変わってしまう人が多いから、見習ってほしい。

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
整形は良く見せる為にするんじゃなくて、自分に自信を持てるようにする為なら良いと思う。
美容整形なんじゃなく、精神治療のひとつ。

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
高須先生ならではの言葉だと思う。

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
アイドルグループでも、一番人気のある人は、一番美形ではないパターンが多い。何かわかる気がする。

>こちらの記事も要チェック!


大きな愛だなあ…(しみじみ)

▼コチラの記事もオススメ▼