ゲーム『シャドウバース』の大会で優勝賞金が突然なくなり大炎上・・・

ゲーム『シャドウバース』の大会で優勝者の賞金がなくなり大炎上・・・

ざっくりまとめると

  • 「シャドウバース」の大会で、事前に告知していた内容と違うと優勝者らが激怒し、主催者のサイバーエージェント側が謝罪
  • 「賞金10万円(検討中)」の表記が突然なくなる
  • 景品表示法の観点から「賞金はダメ」と判断

 

ここに一言

 

ゲーム『シャドウバース』の大会、賞金消えて優勝者激怒 主催者「不手際あった」と謝罪

  • スマホなどを使うカードバトルゲーム「シャドウバース」の大会で、事前に告知していた内容と違うと優勝者らが激怒し、主催者のサイバーエージェント側が謝罪する騒ぎになっている。
  • 17日の告知時点では、「賞金10万円(検討中)」などとされ、サイト上の告知記事では、「大会の様子は全試合FRESH!で生放送致します」とうたってあった。
    ところが、その後に、賞金の表記はなくなり、動画配信サイトでは、A・B両ブロックの試合のうち優勝者のいたBブロックは放送されなかった。これに対し、優勝した男性が大会後の28日、「心底バカにされた」とブログで訴えた。
  • この男性によると、参加者に断りなく賞金が突然なくなり、Bブロックを放送しないことについては、スタッフから「配信機材のトラブル」と当日になって説明されたという。主催者が賞金を検討中としたのは参加者を集めるための方便に過ぎず、Aブロックだけ放送されたのはゲームファンらに人気のある参加者が集められたためではないかと男性は不信を募らせており、「結果としては優勝しましたが、嬉しくはありません」と憤っている。
  • サイバーエージェントによると、賞金については、消費者庁や弁護士に問い合わせた結果、告知翌日の11月18日になって、景品表示法の観点から「賞金を出すことができない」と判断したという。具体的にどんな問題かについては、答えるのは難しいとしている。
  • 消費者庁の表示対策課では、J-CASTニュースの取材に対し、景品表示法第4条で過大な景品類の提供を禁じており、ゲームなどの商品の消費者が参加する大会の景品が違法かについては個別に判断しているとしている。

詳細はコチラ

Shadowverse – Wikipedia


『Shadowverse』(シャドウバース)は、Cygamesより配信されているスマートフォン・タブレット・PC向けゲームアプリ。2016年6月17日サービス開始[1]。基本プレイ無料(アイテム課金制)。

概要

Cygamesの完全新規IPタイトルで、内容はファンタジー世界観による対戦型オンラインTCG(カードバトルゲーム)。同社のソーシャルRPG『神撃のバハムート』と世界観を共有する。
エレクトロニック・スポーツ化が念頭に入れられており、競技性の高いゲームデザインを特徴としている。
2016年8月、10月に開かれる予定のエレクトロニック・スポーツ大会『RAGE』のオフライン競技種目として採用されることが報じられた[2]。

2: ジャム速ニュース 2016/12/04(日) 01:29:56.60 ID:tkZZ2qYd0.net
グダグダ運営だな