奥さんを亡くした元アナウンサー・清水健の「LINE」が悲しすぎる…


長男誕生から112日で妻・奈緒さんが乳がんで死去…元読売テレビアナウンサー・清水健はシングルファーザーとして奮闘中

  • 元読売テレビアナウンサーで、現在はがん撲滅や難病対策を支援する『清水健基金』代表の清水健はシングルファーザーとして奮闘しつつ、亡き妻にLINEで弱音を送る事もあると明かした
  • 清水の奥さんの奈緒さん(享年29)が乳がんで死去したのは2015年2月11日で、長男誕生から112日後のことだった。現在長男は来年4月に幼稚園入園を迎える
  • 時には奈緒さんにLINEで愚痴や弱音やSOSを送るという。既読にならないし、返信も絶対に来ないとわかっていても「奈緒なら“大丈夫”って言ってくれてるような気がするんです」

詳細はコチラ

 




みんなの反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
奥様にLINEで弱音を送るって……
返信もこないし既読にもならないって……
涙が出ました。
清水パパと息子さんのこと
心から応援しています。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
清水さん…辛く悲しい日々を一生懸命頑張っていらしたんですね。子供さんまだまだ小さいし親に頼るしかない時だからあれもこれもまたあれも…教えて大変なこともあると思いますが…最愛の奥様が…いつも守ってくれているから大丈夫ですよ。チラッと幼稚園の先生や話しやすい知り合いの方などに一言質問したりして気持ちを楽にもっていって下さいね。
そしていつかまた清水さんのキャスターとしてのコメント聴きたいです。待ってます☆

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
既読にもならない、返信もこないラインか。つらいね。ひとりで子育ても大変だろうね。やっぱ再婚は考えられないのかな?奥さんを本当に愛していそうだしね。まずは身体壊さないようにして欲しいね。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
一人で子育てをしてると沢山辛いことはあると思う。でも、清水さんの中にはいつも奥様がいてくれて、多くの人に出会うことで頑張れてるんだなと感じる。息子さんはお母さんの記憶はないかもしれないが、愛情持って育てられて幸せなんだろうなと思う。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
読んでて涙が出てきます
無理されず 頑張って下さい☘
応援してます

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
今は無理かもしれないけど、もう少し時間が流れたら、寄りかかれる人があらわれたらいいなと思います。
楽しかった思い出ばかりじゃつらくなるかも。
いつか、いつかもっと幸せになって下さい。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
お子さんがもう少し成長されたらもう一度キャスターに戻ってほしいです。
以前よりまた違った清水さんが見れそうで。
待っています。

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
どうやって食べていけるのか分からないが、子供と同じ時間を過ごせるのは良いよね。シングルファーザーで孤軍奮闘している人を見ていると…。国は、シングルファーザーにもっと目を向けて欲しい。本当に、大変なんだから。

 


9: ジャム速ニュース jamsoku-news
切なくなります・・
私も幼少期に母が他界し、父ひとりに育てられましたが、大人になった今、父の偉大さ優しさ強さをしみじみと感じています。
息子さんもきっと同じですよ、パパの背中の大きさ、温かさ、誰よりも感じていますよ。がんばれパパ!

 

10: ジャム速ニュース jamsoku-news
僕もシングルファザーだが、状況がずいぶん違うなぁ。それまでは、都内で営業職だったか、勤務時間を限定できる地方の工場勤務に変わり、朝4時から子供の弁当作ってから出社。帰宅してから夕食作りで、片付けしてから寝るのは午前0時で、4時間睡眠で辛かった。40歳からの肉体労働も辛かったが、生きるのに必死だった。
元アナウンサーとは比較にならないが、一般的なシングルファザーはもっと泥臭い生き様じゃないかな?

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
子供が小さいだけに大変だと思う。
弱音を吐く事は大事。
身体には気をつけて頑張って欲しい。

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
何処かで聞いたような話。
被災者とかも故人や行方不明者にメールしている話があった。皆んな返事が来ないとわかっていてもやっちゃうんだろうね。
ガン撲滅運動については、遺族がやらなければいけないことなのかなぁと、政治に不信感しかない。

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
返事が来ないのはまだしも、既読にすらならないのはキツいなぁ…

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
あまり亡き妻にすがり過ぎちゃダメだよ。
そうじゃなくても幼子を遺して旅立った無念さが残ってるのに、旦那までいつまでも泣きべそかいてたら、安らかに眠れないって。
俺も一人で子育てした経験があるから分かるけど…

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
出産前に似たような状況になった自分も、子供が小学校に上がる位迄は心の中で一緒に子育てしてた。子供と語れるようになって寂しさもだいぶ減った。反抗期の中学生になると、ひとり親が頼りなく感じてくるけど、きっとまだまだ2人でやっていくんだと思う。清水さん大変だと思うけど、頑張って欲しい。似た境遇の人の励みとしても。

>こちらの記事も要チェック!


切なすぎる…

▼コチラの記事もオススメ▼