【訃報】世界最高齢117歳、田島ナビさんが死去

世界最高齢とみられる鹿児島県喜界町(喜界島)の田島ナビさんが117歳で老衰のため死去した


19世紀最後の年1900年生まれ

田島ナビさんは21日午後7時58分、老衰のため死去。117歳8ヶ月だった。
家族によれば今年1月に体調を崩して町内の老人ホームから病院に移り、入院していたという。

田島さんは19世紀最後の年である1900年(明治33年)8月
4日生まれ。
サトウキビやゴマなどの栽培に励みながら、夫の富二子さん(故人)と7男2女を育てた。
家族によれば、子ども、孫、ひ孫、やしゃご、来孫を合わせると60人を超えるという。

詳細はコチラ


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
ついに19世紀生まれの人類がいなくなってしまった。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
長寿のページでずっとチェックしていた世界最高齢の田島ナビさんが亡くなった。
彼女は記録にある世界最後の19世紀生まれのお方だった。ご冥福をお祈りいたします。

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
明治・大正・昭和・平成と激動の時代を生き抜いた。
故人に敬服します。合掌。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
117歳はすごい、しかも老衰。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
世界最高齢だったのですね。
亡くなった原因が病気とかでなく老衰ってすごいなと思う。
ご冥福をお祈りします。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
ひ孫、玄孫は聞いたことあるけど、その次は聞いたことなかった!
お疲れ様でした

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
大往生でしたね!すごい!お疲れ様でした。


>こちらの記事も要チェック!


来孫なんて初めて聞いた…すごい!おつかれさまでした。ご冥福をお祈りします。