【悲報】ピコ太郎が大物作曲家に盛大にディスられるwwwww「ほんま腹立つ。大嫌い」

46015533e9366af6cba80107801d107b

「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏(85)が「見てくれが嫌いやねん、俺」と、ピコ太郎のヒョウ柄服やパンチパーマなどのルックスはダメ出し。「ほんま腹立つ。大嫌い」

b_09692225

ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

  • 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏(85)が、23日放送の、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演。謎のシンガー・ソングライター、ピコ太郎の世界的ブレークの要因を分析した。
  • 番組で「あの大物作曲家がピコ太郎に物申す」と題したコーナーに入ると、司会の宮根誠司が「これ音楽業界が大変なことになりますよ」と前振り。VTRが流れると、ピアノで「かに道楽」のテーマ曲を弾くキダ氏が登場した。
  • 番組リポーターから「タローはタローでもピコ太郎が…」と聞かれると「知っております。うらやましい。お金儲けですやん」と正直に答えた。
  • ただ「見てくれが嫌いやねん、俺」と、ピコ太郎のヒョウ柄服やパンチパーマなどのルックスはダメ出し。「あんなオッチャン、道歩いとったら、ほんま腹立つ。大嫌い」とキダ節が吹き荒れていた。

詳細はコチラ

古坂大魔王 – Wikipedia


古坂 大魔王(こさか だいまおう、1973年7月17日 – )は、日本のお笑いタレント、DJ。元底ぬけAIR-LINEのメンバーで、NBR(元ノーボトム!)のメンバー。本名、古坂 和仁(こさか かずひと)。

概要

青森県青森市出身。青森県立青森東高等学校卒業。エイベックス・マネジメント所属。シンガー・ソングライター「ピコ太郎」に扮する。
元々はお笑いトリオ(後にコンビ)・底ぬけAIR-LINEとして活動を行っていたが、2003年9月からお笑い活動を休止し、テクノユニット・ノーボトム!の活動に専念。音楽性を追求するため、2005年10月11日にホリプロコムを離れ、ユニットもNBR(NEW BUSHIDOU RAVERS) に改名。NBRとしてクラブイベントプロデュースや、個人でもmihimaru GTのアルバム・ライブツアー参加の他、鈴木亜美などの楽曲リミックスを手がける。2008年からは、音楽活動での行き詰まりからお笑い芸人としての活動も本格的に再開。 『タモリのボキャブラ天国 大復活祭スペシャル』に出演した際は元u-turnの土田晃之とコンビを組んでネタを披露した。キャッチコピーは「底ぬけu-turn」[要出典]。
2010年3月13日、単独お笑いライブ「いいえ!昔っからメンドクサイ男です!」を開催。
青森市観光大使を務める。
2016年に、古坂がプロデュースしている、ピコ太郎の動画「ペンパイナッポーアッポーペン」が話題となり、日本国外のメディアにも取り上げられた。

みんなの反応

・時代に乗ったもん勝ち!

・多分┈┈,最初に勧めたのがジャスティンさんだったから皆が興味を持った┈,
別に好きではない方々も居るのではないでしょうか┈┈?

見てくれの話かい!

・キダ先生も、ピコ太郎みたいにかぶりもんしてはりますやん。

・確かに、街を歩いてたら
私も嫌だわ(笑)

・むしろ誉めてる

ジャスティンの効果が99%だよね。
あれが無ければそもそも知られなかっただろうし。
そうした運を持ってるよね。

・概ね褒めてる気がするが…

・最後にあるようにいつものキダ節やん。

・私もファンでは無い
そんなに面白くもない

でも、ブレイクしてるのは事実です

来年はないよ!

・ちゃんと評価されているところがいいですね。 

・このオッサンはジャルジャルの福徳じゃない方にも生で怒鳴り飛ばしたことがある。
あまり気にしないことだな

・でもキダさん流の最高の褒め言葉やん!

・小坂が素でやっても、おもしろくないと思うけどね。

結果が全てですよね
好き嫌いはあるでしょうけど、世界が認めてる事実は変わらない

・興味ないから一度も観ても聞いてもいない。

ちょっと自慢。

・どっちもヅラじゃん。

こちらの記事も要チェック!


キダタローさんが85歳なことに驚きwwwww

関連記事