【超セレブ】萬田久子はブラックカード○枚、宿泊ホテルは1泊○○万wwwww

bandicam-2015-10-27-14-41-48-515

萬田久子 ブラックカード「3枚」の超セレブぶり明かす

27721604_46736

記事によると

  • 女優・萬田久子(58)が5日、フジテレビ系で放送された「モシモノふたり ザワつく女たちの素顔 のぞき見SP」に出演。ブラックカードを3枚持ち、使い分けていることなど、超セレブな生活ぶりを明かした。
  • 同番組のロケでは、萬田がこよなく愛するニューヨークに密着。海外に行くときは必ずファーストクラス、滞在先のホテルは1泊30万円であることなどの“萬田スタイル”が明かされた。
  •  さらに「ものすごいやらしいこと言うと…」と切り出し、財布の中のブラックカードを披露。「こういうの(ブラックカード)3枚あるんです。ニューヨークと日本と違うので3枚使い分けてる」とあっけらかんと語るなど、セレブすぎる萬田スタイルが公開されていた。

詳細はコチラ

萬田久子- Wikipedia

w93-2794-160913

萬田 久子(まんだ ひさこ、1958年4月13日 – )は、日本の女優。
大阪府大阪市大正区出身。オフィス萬田所属。デビュー当初は、万田 久子と表記されることが多かった。身長167cm、体重47kg、B83、W59、H87(1981年)。

概要

大阪府立港高等学校、帝塚山短期大学卒業。
短大在学中の1978年(昭和53年)にミス・ユニバース日本代表に選出された。同年7月、メキシコのアカプルコで行われたミス・ユニバース世界大会に出場したが、同大会では無冠であった。
翌年上京し、タレント活動を開始した。当初は本名ではなく「道頓堀 心子(心斎橋の”心”)」という芸名を付けようと事務所の先輩に言われていたが、芸名が決まる前の1980年(昭和55年)、テレビドラマ 『なっちゃんの写真館』(NHK)への出演が決まり、本名のままで女優としてデビューした。
1987年(昭和62年)に交際が発覚した当時妻子のあった佐々木力(後にリンク・セオリー・ジャパンの社長兼CEO、ファーストリテイリンググループ上席執行役員を歴任)との不倫の末に1児をもうけ、同年10月にニューヨークで男児を出産。佐々木の離婚成立以後も事実婚を貫いたが、2011年8月9日、佐々木がスキルス性胃がんにより60歳で死去。葬儀の喪主を務める為、4月から金曜レギュラーを務める『笑っていいとも!』(8月12日放送分)を欠席。9月末で番組を卒業。
佐々木の生前、東京・自由が丘の住居を立て替えしようとしていたが、地中熱システムを導入するための軟弱地盤に対するボーリング工事に伴う騒音問題などにより、住民側が区に直訴をしたため工事中断に追い込まれた。それでも建築を強行しようとした矢先に佐々木が死去したため更地のままのこされた。土地は遺産として佐々木の子供達に分割相続された。

関連記事

みんなの反応

・金持ちが幸せとは限らんけど、金はないよりあった方がいいなあ………

・あるところにはあるんだねぇ

・遺産も大きいだろうね

・なんてそんな金持ちなのかな?

佐々木力の遺産なんだろうけど、どれだけもらったんだよ

・お金があっても息子とは絶縁状態

俺なんかブラックリストに載ってるぞ。

・嫌味なおばさんだな

・一流やな、羨まし・・

こちらの記事も要チェック!


羨ましすぎる(´・ω・`)