ASKA容疑者の妻がヤバイ・・・

また覚せい剤で逮捕されたASKA容疑者、妻は「離婚せず、支えていきたい」

ざっくりまとめると

  • 覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されたASKA容疑者
  • 妻である洋子さん(61)は離婚をせず、ASKA容疑者を支えていく意向であることがわかった
  • 関係者は「精神的に参っているのは事実だが彼女の性格からして離婚しないのではないか」

 

家族で支えるって言っても結構厳しいところまで来てる気が…
でも奥さんがこうやって言ってくれてるなら、なんとか立ち直ってほしい

 


ASKA容疑者の妻、離婚しない 再生の道を探る

  • 覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)の妻・洋子さん(61)が離婚をせず、ASKA容疑者を支えていく意向であることが1日、分かった。
  • 洋子さんを知る関係者は「精神的に参っているのは事実。彼女の性格からして離婚しないのでは」と話した。洋子さんは14年にASKA容疑者が最初に逮捕された時の裁判では陳述書で「娘、息子と一緒に寄り添い、夫を支えていく」と主張。判決公判では、夫の更生に向けて助力していく旨の上申書を提出した。
  • さらに家族を裏切るような事実が明らかになれば、離婚の可能性も否定できないが、この関係者は「彼女の意志は固いと思う。再生の道を探るのでは」と語った。洋子さんはCBC(中部日本放送)などでアナウンサーを務め、1987年に結婚。1男1女をもうけた。

詳細はコチラ

ASKA – Wikipedia


ASKA(アスカ、1958年2月24日 – )は、日本の男性ミュージシャン。本名:宮﨑 重明(みやざき しげあき)。旧称:飛鳥 涼(あすか りょう)。福岡県大野城市出身。第一経済大学卒業。
シンガーソングライターでもあり、CHAGE and ASKAのメンバーで、楽曲のメインボーカル・作詞・作曲を担当している。

概要

デビュー当時の楽曲制作はギターで作曲することが多かったが、1984年ごろからピアノ・キーボードで作曲していく。すると、コード進行や転調のバリエーションが多くなっていき、1曲中で使用されるコード数は多いケースで50を超える楽曲もある。
非常に粘着質で下から突き上げるような声質・歌唱法をしており、独特なものとなっている。2004年8月30日に放送されたフジテレビ系『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』にCHAGE and ASKAとして出演した際のトークの中で、この点についてファンの人から「ねっとりしている」と表現されており、CHAGEはその度合いを「(100のうち)75ネットリ」と回答している。一方ASKAは歌唱法について、日本語をなるべく柔らかくメロディに当てはめるために編み出した作戦と手法であると述べている。

小室哲哉によれば、ASKAの声質はとんでもない倍音であり国宝物であると言わしめた。
日本近代文学研究の第1人者で国文学者の石原千秋は、ASKAの歌詞について「ASKAさんの歌詞には謎が仕掛けられていて、多様な解釈できるのがおもしろい」、「一般的なポップスとは一線を画す深みがある」といった分析を行っている。

みんなの反応

 

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
赤の他人がとやかく言う事ではないが、無理だよな。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
座敷牢に監禁でもしない限り再生は無理だと思う・・・・・・・・・
365日24時間付き添い監督するのは困難だと思う・・・・・・

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
その方が良い。印税が入る。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
ASKAさんは、もはや嫁に対して何も思っていないように感じてしまう。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
愛人を心配するのに 家族とは大喧嘩したってブログにあったし
奥さんは意地なんだろうな
出所しても見守っていくのはいばらの道だと思うが

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
奥さんが離婚したく無いなら仕方ないけど
離婚はしなくても家族だけで支えるのは
もう無理だと思う。
まぁしばらくは刑務所行きだけど、そのあとは
施設や病院にしっかり入れて、
たまに面会に行くっていう家族の支えの形に
しないと常習みたいだし辞めないよね。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
入院など環境を整えれば大丈夫だと思う。
アーティストとしての意欲があるのが良いのか良くないのか。それが辛さにも結び付いているようにも見える。
大変だろうけど頑張ってね。
家族が入院させたのに実家の両親が弁護士使って退院させちゃうからこうなった。

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
奥様の決断を他人がとやかく言えないけど、夫が色々やらかし放題の自分も、離婚してない。だからなんとなくわかるな
意地もあるし 情もあるし 復讐でもあるし 勿論カネもね。生きてても死んだ後も、妻であることでメリット大きいから。
愛情がないからこそ離婚しないって選択はふつう

 

9: ジャム速ニュース jamsoku-news
嫌らしい話、最終的には金銭面の問題につきるでしょ

 

10: ジャム速ニュース jamsoku-news
薬中をリアルに見た事ある人なら解ると思うけど、もうASKAさんは別人格の人だと思った方や良いよな、それでも離婚しないってお金いがいでそうだったら凄いな。

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
金って言ってるけど、それならもう二度目なんだし慰謝料でもがっぽりもらっておさらばの方がいいんじゃないの?
まぁ金目当ての方が奥さんの精神的には楽なんだろうけど…

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
自分が壊れないように、
頑張って欲しいです。

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
ものすごい資産があるだろうから、離婚は合理性がないな。

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
どうでもいいけど、今までも別居状態だったんでしょ?

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
申し訳ないけど、立派な奥さん(尽くす、忍耐強い)ほど
ダンナがダメになる気がする。
意地もあるのでしょう、がんばってください。
写真奥さんじゃない、別人じゃん

こちらの記事も要チェック!


まず暫くは入院して治さないとね

関連記事

8 件のコメント

  • >>7
    家族が入院させたのに実家の両親が弁護士使って退院させちゃうからこうなった。

  • 冤罪工作にも協力した可能性が大ありだと思う。
    ハゲもといチャゲに押し付けられ、もとい紹介された妻らしいし
    怪しい

  • ヤク中犯罪者オヤジが家にいるだけでも恐怖なのに、
    ネッツキモ豚(ヤク中犯罪者)に攻撃されて可哀そう~

  • 逃亡ASKAは必ずまたやると思うけど、

    ご家族、潰されないようにがんばってください

  • 拡散文書

    最近異常気象が目立ちますけど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます

    この世の病気、争い、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災、ありとあらゆる災いを、秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが【米国防総省】です

    本題に入りますけど、創価(なりすましのNSA)が一般人や学会員を病気にしたり、事故に合わせたりする、危険な組織だって事が世間に知られてないので、拡散させてます

    犯罪組織を特定して、拡散していく事で、この犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

    この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ) のNSAです

    創価が、CIA(米中央情報局、スパイ)の下部組織ってのもあって、『NSA』っていうスパイが、創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

    公明が与党になってから、精神科、心療内科急増、障害者手帳を持つ人急増、向精神薬の売り上げ急増。何十年にも渡って、人知れず多くの人に災いを与えて来た政党が、公明(なりすましのNSA )です

    多くの人を病気にしてるのに、この犯罪が世間に漏れてない理由は、遠隔から私生活を監視盗聴して、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

    NSAは自国に害をもたらすテロリストや、凶悪犯を監視して撲滅させる諜報機関なので、地球上の全ての人を管理し、不届き者を秘密裏に懲らしめる事をします

    【重要】青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します。通信機は、電源オフにしてても盗聴器になってます

    この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

    そもそもGPSは、【米国防総省】が軍事目的で開発したもので、管理運営も【国防総省】がしてます。NSAは【国防総省】の管轄で、CIAが大統領の直轄です。台風や地震を作り出すHAARPも、【米国防総省】主導によるプロジェクトです。つまり、この地球規模犯罪を総括してる組織は【米国防総省】って事です

    ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカー(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)は、被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

    咳をした時の周波数と同じ周波の波動当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

    生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

    例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

    創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、NSAが軍事技術を用いてヤってます

    ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

    特に、公明の支持母体、公明の栄養源である、創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

    人間心理ってのは面白いもんで、自分の存在が明らかにされない場合、他人に対して冷酷なまでに大胆な振る舞いが出来ますけど、身元を特定されて犯罪手口が皆に知れ渡ると、大胆な事をすれば自分に被害が及ぶので、やりたい放題出来なくなり、犯罪の抑止効果に繋がります。なので、こいつらに火の粉を振りかけるべく、【米国防総省】の名を全面に出して広げてます

    https://shinkamigo.wordpress.com

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。