【自殺の真相】上原多香子、夫のET-KING・TENNの遺書公開で「阿部力との不倫」発覚!妻の不倫、男性不妊が引き金に?

2012年9月25日に自殺したET-KING・TENNさんの遺書を遺族が公開、妻・上原多香子が舞台で共演した阿部力と不倫?

2012年に自殺したET-KINGのTENNさん(35)が妻・上原多香子(34)に宛てた遺書の内容が公開。
その中には上原多香子の不倫を匂わせるような内容が書かれており、波紋を呼んでいます。

今回は

・ET-KING・TENNさんの遺書の内容
・TENNさんの自殺についてのこれまでの報道

などを詳しく書いていきたいと思います。


プロフィール

まずは上原多香子、そして亡くなったET-KINGのTENNさんのプロフィールから。

上原多香子のプロフィール

名前:上原多香子(うえはらたかこ)
出身地:沖縄県豊見城市
生年月日:1983年1月14日(34歳)
身長:159cm
体重:非公表
所属事務所:ライジングプロダクション

SPEEDの元メンバーで、夫・ET-KINGのTENNとは2014年に死別。

TENNさんのプロフィール

名前:森脇隆宏(もりわき たかひろ)
出身地:大阪府
生年月日:1978年12月11日
没年月日:2014年9月25日(満35歳没)
職業:ミュージシャン(ET-KING)

1999年、イトキン、KLUTCHとET-KINGを結成。
2012年3月9日、上原多香子との婚約を発表し、2012年8月23日に入籍。
2014年9月25日午前7時半頃、大阪府大阪市天王寺区のマンション駐車場に停めた車内で首を吊っているのが発見された。
心肺停止状態で発見され、間もなく死亡。遺書があったことから自殺と報道されました。


上原多香子の旦那・ET-KINGのTENNさんの「当初の」報道

2011年のライブで共演。TENNさんの積極的なアプローチが実って交際に発展。
そして、TENNさんは自分の誕生日に「誕生日って、自分のいちばん欲しいものがもらえるんだよね? 結婚してください」と、上原多香子にプロポーズ。
上原多香子はあっさりOKし、その返事にTENNさんは号泣。結婚に至ったそうです。

2014年3月2日のブログでは仲良さそうにTENNの家族との写真もアップしていました。

TENNさんが死を選んだ理由については色々な憶測が飛び交っていましたが、亡くなる1ヶ月前8月23日には結婚記念日を祝ったりもしており、その兆候はないようにも思えました。

しかし、亡くなる1週間前には
「体調悪く眠る、、、なかなか寝れず。季節の変わり目」とツイートしたり、
自宅マンションの駐車場前で真夜中にぼーっと立っている姿が目撃されており、表には出さず何かを一人で抱え込んでしまった可能性もあるのでは…と言われていました。

週刊誌などで報道されていた、妻・上原多香子との「収入格差」「収入激減」なども自殺の原因になったのではないかと囁かれていました。

2017年8月9日、明らかにされたET-KING・TENNさんの遺書内容

遺書を公開したのはTENNさんの弟・義宏さん(仮名)で、遺書には他にも家族、メンバー、ファン、妻・上原多香子への言葉が綴られていました。

このままずっと話さへんつもりでした。
でも、この夏で兄がこの世を去ってから丸3年。三回忌を過ぎていろんな弔いの行事が一段落しても、残された家族の悲しみが癒えることはありませんでした。
母は、夜も眠れず痩せてしまいました。これ以上、家族だけでは抱えきれないんです。

(弟・義宏さん)

詳細はコチラ

以下が公開された、2014年9月25日に自ら命を絶ったTENNさんの遺書の内容の一部、上原多香子へ宛てられた内容です。
そこには、思わず目を疑いたくなるような衝撃的な内容が記されていました。

■ET-KING・TENNさんの遺書内容
多香子へ

ありがとう そして さようなら

子供が出来ない体でごめんね
本当に本当にごめんなさい。

幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから
許してください。
僕の分まで幸せになってください。

きっと阿部力となら乗りこえられると思います。
次は裏切ったらあかんよ。お酒は少しひかえないとあかんよ。
嘘はついたらあかんよ。

多分、僕の事を恨むでしょう? でもいつかは許してくださいね
最後はいろいろと重荷になるけど…ごめんなさい。
これが、未来を考えた時の僕のベストです。ワガママを許してください。
いつか忘れる日が来るよ。きっと大丈夫 今から大変だろうけど
がんばって トントンとお幸せに

車は開けないで 警察を呼んでください。


ET-KING・TENNさんの家族「遺書を見て、自殺の理由が多香子さんにあることはすぐわかりました」

TENNさんの遺書内容を報じた『女性セブン』がTENNさんの大阪の実家を尋ねると、弟・森脇義宏さんはこう語ったといいます。

「遺書を見て、自殺の理由が多香子さんにあることはすぐにわかりました。
でも、葬儀の準備や、静かに見送ってあげたいという思いしかなく、自分たちの心だけに留めようとなったんです。
遺書にはぼくたち家族に向けて《あまり多香子を責めないでやってください》という最後の願いが書かれてましたし、母も “森脇家に嫁にきたんやから、最後まで守ってやらなあかん”って。
遺書は多香子さんやET-KING関係者のほか、すぐに駆けつけてくれた今井絵理子さんも読みました」

詳細はコチラ

TENNさんが亡くなった直後には、TENNさんの母・和子さん(仮名)は知人に以下のように漏らしており、当時のその言葉からは遺書に書かれていたような真実は感じる事は出来ませんでしたが、ご家族の苦悩は相当深いものだったと思います。

「多香子が“喪主の言葉言えるかな”って言うから“それはあんたの義務やで”って。
“立派な言葉やそんなもんはいらんから、森脇隆宏の妻としてきちんと見送ってやって”って言うてん。
グっと堪えるときはあったけど、よう最後まで泣かずにきちんと話せてましたよ」

詳細はコチラ

TENNさんのスマホには「上原多香子とある男性」とのLINE・写真が…

義宏さんによれば、2014年10月22日、最初の月命日を前に上原多香子と両親はTENNさんの遺骨を分骨したが、その際に上原多香子から母・和子さんにTENNさんのスマホが手渡されたそうです。

そして月命日当日、両親と上原多香子の3人でTENNさんの好物だったすき焼きを食べにいきました。
その翌日「思い出の写真も入ってるやろう」と母・和子さんがTENNさんのスマホを見たところ、
上原多香子とある男性とのLINEのやり取りや2人の写真などが保存されていたのを発見。
上原多香子のスマホを見てしまったTENNさんがその画面を撮影したものと思われるものだったそうです。

その「ある男性」が、TENNさんの遺書に名前のあった俳優・阿部力(35)。
遺書の最後に綴られていた「がんばって トントンとお幸せに」のトントンとは阿部力の日本でのニックネームだそうです。


上原多香子は阿部力(李振冬)と不倫?舞台『夕-ゆう-』で共演

TENNさんの遺書に名前が出てきた阿部力と上原多香子はどんな関係だったのでしょうか?
まずは阿部力のプロフィールから。

阿部力(あべつよし)のプロフィール

別名義:李振冬(リー ジェンドン)
出身地:中国・黒竜江省
生年月日:1982年2月13日(現在35歳)
民族:中国系日本人
身長:175cm
体重:63kg
所属事務所:ホリプロ

中国語圏での芸名は、李振冬(リー ジェンドン)。ニックネームは冬冬(ドンドン)で、日本でもニックネームはトントン。

1991年、9歳で日本に移住し日本に帰化(祖母が日本人で、阿部姓だったため、阿部姓に)。
2005年10月にはTBS系『花より男子』でF4の美作あきら役で出演。
2009年4月26日、中国人女優の史可(シー・クー)と結婚を発表。

2人は2014年7~9月の舞台『夕-ゆう-』で共演

上原多香子と阿部力はTENNさんが自殺する直前の2014年7~9月、全国6ヶ所で公演が行われた舞台『夕-ゆう-』で共演していたことがわかっています。






現時点では上原多香子からも阿部力からもコメントはありませんが、続報があれば追記します。


上原多香子の現在は?2017年5月には演出家のコウカズヤ(39)と熱愛報道

2017年5月26日には演出家のコウカズヤ(39)との熱愛をフライデーされた上原多香子。

TENNさんの葬儀での憔悴しきった姿は「可哀想すぎる」「上原多香子がつらそうで心配…」とネット上でも多くの同情と心配の声が上がっており、
コウカズヤとの熱愛は「笑い合える人と出会えたならよかった」と好意的に受け止められていました。







しかし、それも今回の報道を知ってしまった後ではなんだか複雑な気持ちになってしまうのが正直なところです…
もしかしたら、自分が犯してしまったことの大きさ、責任を強く感じていたのかもしれません。


▲上原多香子の甥っ子さん(お兄さんの子供)

TENNさんの遺書には「子供が出来ない体でごめんね」ともありました。
本来なら責めるべき妻の不倫を責められず、一人で抱え込み最悪の結末を選んでしまったのは、「子供を作れない」という男性不妊の負い目からだったのかな…と個人的には考えてしまいました。

昨今ではテレビで芸能人の不倫が世間を騒がせていますが、
軽い気持ちでしたことが時に取り返しのつかない悲しい出来事に繋がることもあるんだと、不倫に走る人には自覚してほしいものです。


(※8月10日 追記)

TENNさんのスマホに保存されていた上原多香子と阿部力のツーショット、LINE内容が公開されました。

以下は、新たに公開された上原多香子と阿部力のLINEでのやり取りの一部です。(記事ソース

■上原多香子と阿部力のLINEやりとりの一部①

上原「オトナになっても、こんなに好き好き好きって、なるんだなぁって。ちょっとびっくりしてる。自分に。いろいろ冷静な部分もあるけど、止められなくなるくらい想えるって素敵なことだね。トントン(註釈:阿部力のこと。阿部の中国名『李冬冬(リ・ドンドン)』にちなんだ愛称)に出会えて、本当によかった。」
阿部「俺もおもった。とし関係ないなーって。」

上原「トントンに会いたいよ。旦那さん、大事だけどそれ飛び越えてる。
阿部「たかちゃん~」
上原「トントン」
上原「会いたいよ」
阿部「とても」
上原「そばにいてね。」

上原「私、、結婚ってとっても大きなことで人生の分岐点だったこともあるー だから、離婚するとか浮気は、もうあり得ないって思ってたのね でもさー、トントンに伝えられなかった好きと、やっぱり大好きと、私の一方的やけど肌を合わせて感じるフィット感が今までとはまったく違うの。」

上原「私はそんなに器用じゃなくて、、旦那さんとの生活を続けながら、トントンを想い続けること、トントンに想いがすべて行ってる中、騙し騙し旦那さんと居ることが、やっぱり出来ないです。(中略)今すぐにでも、すべて捨ててトントンの元へ行きたいです。だけど、私ももう大人、、いろんな問題があるし、私だけの想いでトントンに迷惑はかけられません。今すぐは難しいかもしれないけど、私も少し大人になって、ちょっとずつ、旦那さんと別の道を歩めるようにします。こんな気持ちでは絶対に旦那さんに戻れない。

TENNさんの弟・義宏さんによれば「兄と多香子さんは、結婚してすぐに子供を欲しがってました。兄はたばこも結婚を機にやめたほどでしたから」

しかし、TENNさんの遺書にもあるように、病院で検査した結果、TENNさんの体に問題があり子供は望めないということもわかっていました。

↓↓↓

■上原多香子と阿部力のLINEの一部②

阿部「子供欲しい」
上原「2人の子供作ろうね

上原「私とトントンの子はどんな子かなー。」
上原「早く会いたいね」
阿部「子供ほしいわーーー」
上原「トントンのタイミングで作ろうね」

上原「子供が出来るのはタイミングだよー」
阿部「たーありがとうね。 子供作るのにも、もっといいタイミングがあると思って。もう大人だからさー、 勢いで物事考えたくないんだ。ちゃんと計画して進めて行きたいなーと思って。」
上原「うん そうしよ」

TENNさんのスマホの中には熱いキスを交わす上原多香子と阿部力の姿や、上原多香子と阿部力の両親の4人で笑顔で写った写真も収められていたそうです。

また、上原多香子のブログでは堂々と阿部力のことを綴っています。


以下は2014年当時の上原多香子のTwitterのツイートです。

 

ここで一旦、Twitterの更新が途切れます。(TENNさんが亡くなったのは2014年9月25日)

そして、2015年6月29日にTwitterを再開。

上原多香子と阿部力は舞台『夕―ゆう―』で共演していますので、確かに不自然さはありません。
そしてなんと、2014年の結婚記念日には舞台、『夕―ゆう―』を夫婦で一緒に鑑賞。TENNさんは上原多香子にサプライズでピアスをプレゼントしたそうです。


上記のLINEやり取りを読んでから1ヶ月も経たないうちに、TENNさんは薄暗い駐車場の狭い車内で一人、この世に別れを告げました。

何も疑うことなく、妻と、妻の浮気相手が出演している舞台を観て、結婚記念日のプレゼントを渡したTENNさん。
そんなTENNさんが、妻の浮気を知ってしまった時の衝撃と絶望感はとても受け止めきれるものではなかったんだと思います。

「自殺は裏切られた復讐」という声もネットでは上がっていましたが、
TENNさんの遺書には「車は開けないで 警察を呼んでください」と上原多香子を気遣う言葉も書かれていました。

更に自殺したTENNさんの遺体のそばには、データではなくわざわざ現像された上原多香子とTENNさんが2人で写った写真が十数枚置かれていたと言います。
きっとTENNさんは、裏切られてもなお、上原多香子のことを深く愛していたのではないでしょうか。
自分とは子供は望めないが、阿部力となら子供を作って幸せになることができる。
「自分さえいなくなれば」
そんな思いを一人きりで抱えて、TENNさんは自ら命を絶ってしまったのかもしれません。

 

(※8月11日 追記)

 

上原多香子が夫のET-KING・TENNさんの自殺の原因が自身の不倫にあることを認めて、家族側の“慰謝料”要求に応じると報じられました。

関係者のによると、上原多香子はコウカズヤとの交際が報じられる直前の5月下旬、TENNさんの家族の元を訪れ交際を報告。
結婚も見据えていたため「戸籍を抜きたい」と申し出たと言います。しかし、これまで「TENNさんの名字である森脇姓を名乗りたい」と
言っていたのは他でもない上原多香子自身です。
それが急転したことに家族は激怒し、その場で解決金として数千万円を要求

当初、上原多香子は「そんな額、払えません」と応じませんでしたが、TENNさんの自殺の原因が自身と俳優・阿部力の不倫であることは認めざるを得ず、「月々、少しずつでも払い続けたい」と提案。

しかし、家族側はそれを拒否。金銭での解決を図るのはやめ、
TENNさんの自殺原因が「夫婦の収入格差」とネット上で憶測が広がり続けたため、故人の名誉回復のために週刊誌を通じて遺書を公開、真相を明かしたとのことです。

TENNさんの知人によれば、TENNさんの家族は「上原多香子がコウカズヤとの交際を週刊誌にキャッチされたことを知り、慌てて発売前に交際を報告しに来た」と受け止めているといいます。

他の関係者は「上原多香子は元々その時期に報告に行こうとしていた。結果的に最悪のタイミングになった」と語っていますが、
どちらにせよTENNさんの死後3年も経っていませんし、自ら森脇姓を名乗りたいと言っておいて、急に「戸籍を抜けたい」だなんて言われたら怒るのも無理はないですよね。

TENNさんの遺書には「がんばって トントンとお幸せに」とありました。
不倫相手である阿部力(トントン)との愛を貫くでもなく、他の男と結婚するかもしれない…TENNさんの死の原因になった不倫が、そんなに軽いものだったのかという悲しみや悔しさもあるのかもしれません。

 

(※8/12 追記)

 

上原多香子は結局、現在の恋人であるコウカズヤとの結婚のために「森脇」姓から抜けて「上原」姓に戻していたと報じられていました。
また、TENNさんのスマホに保存されていたという上原多香子と阿部力のキス写真も公開されていました。


昨年のTENNさんの三回忌法要の直前にはTENNさんの母・和子さんが上原多香子に“森脇の名”を捨てるようすすめたそうです。
すると、上原多香子から1通の手紙が…

《私、森脇のままでいさせてください。
お仕事を再開して「上原多香子」として呼ばれ過ごす時間が長くなり、ふとした時、自分に戻った時、仕事場でも「森脇」と答えた瞬間に、あぁ~私は森脇多香子なんだなぁと思いました》

詳細はコチラ

こう綴られていたそうです。

「記事が出る2日前に、多香子さんがこっちに来たんです。こういう記事が出ます。おつきあいしている人がいるんです、って。それで急に籍を抜きたいって言ったんです。半年ちょっと前に森脇のままでいたいって手紙を寄越したのはなんやったんやろうなって。その後、実際に森脇から上原に戻したと聞きました。今では、なかなか連絡も取れんようになってます」(TENNさんの弟・義宏さん)

詳細はコチラ

上原多香子は2017年5月にコウカズヤの熱愛がフライデーされ、記事が出る2日前にTENNさんの家族の元を訪れ、急に「籍を抜きたい」と言い出したそうです。
自分から「森脇のままでいさせてください」と言ったにも関わらず、たった半年でこの変わりよう。
結局、名字も森脇姓から上原姓に戻したとのことですから、ご家族が怒るのも無理のないように思えます。

家族から請求された慰謝料について上原多香子は「月々一定の金額を払う」と提案しましたが、家族側はそれを拒否。
ずっと縁を持ち続けることはできない」という理由からだそうです。

また、TENNさんのご家族には、上原多香子の熱愛報道が、真実を知らない世間から「TENNさんの死を乗り越えて」と評価されていたことも重荷になっていたといいます。

「“ようやく立ち直った”とか書かれてるのを見たとき、どっと脱力感に襲われました。
もともと格差があったとされていますが、多香子さんのこういうニュースが出るたびに、天国の兄は毎回ひどい言われようをしてしまうんやとしたら、どうにもいたたまれなくって。
父や母の憔悴ぶりを見ると悔しくて…」(義宏さん)

詳細はコチラ

女性セブンは上原多香子と、その不倫相手・阿部力にも取材。
8月上旬、現在の恋人・コウカズヤと固く手を握り合って都内の自宅マンションから出てきた上原多香子を記者が直撃。

──森脇家から籍を抜かれたそうですね。

「三回忌を終えて、ひとつ自分の中で区切りをつけなくてはというのもあって」

だが、次の質問で阿部の名前を出し、不倫と自死の関係について問いかけると、一気に顔色が曇った。

「相手方にご迷惑をかけることもあるので、私がここでお話しできることはなくて。すみません」

 

詳細はコチラ

それ以降はどんな問いかけをしても「お話しできることではありません」の一点張りで、自宅へと戻ってしまったとのこと。
記者は阿部力にも心境を聞くために電話取材を試みますが、電話に出た阿部力は取材と知ると「10分後にかけ直してほしい」と言って電話が切れ、約束の時間になって何度電話をかけても阿部力が電話に出る事はなかったそうです。

阿部力の所属事務所に不倫のことや、今年5月にTENNさんの母・和子さんからの電話に阿部力が号泣して謝罪したことなどを女性セブンが取材申し入れをしたそうですが、締め切りまでに返答が無かったとのこと。

そんな中で上原多香子は8月11日、愛知・中日劇場で行われた出演舞台「のど自慢~上を向いて歩こう~」の通し舞台稽古を行いましたが、
関係者によれば落ち込んだりする様子もなかったとのこと。

ちなみに上原多香子が演じるのはA.B.C-Zの河合郁人(29)演じる芸能マネージャーの婚約者役。


周囲の人の気遣いもあり、普段と変わらない様子だったようですが共演者には「お騒がせして申し訳ありません」と頭を下げていたとも言います。
舞台は12日開幕で、18日に千秋楽。

また続報があれば追記します。

▼コチラの記事もオススメ▼