フジテレビが「坂上忍を使いまくる3つの理由」がこれらしい

フジテレビが坂上忍頼みな3つの理由について解説した記事が話題になっている。


コラムニストでテレビ解説者の木村隆志が解説

数多くの番組でMCを担当している坂上忍。なぜ、フジテレビは坂上へのオファーを続けているのか?

◆1つ目の理由
『1つ目の理由は、芸人にオファーを出しにくく、芸人がオファーを受けにくい状況。『みなおか』の後継については、「後輩芸人がやりにくい」という心境なのは間違いないでしょう。とんねるずというレジェンド芸人のあとを務めるのは大きな負担であり、実際に某芸能事務所のマネージャーから「企画の良し悪しや視聴率うんぬんとは別の問題で避けたい」という声を聞きました。』

◆2つ目の理由
『2つ目の理由は、坂上さんの男気と実績。2014年春に『笑っていいとも!』が終了したとき、今回同様に「偉大なタモリさんのあとはやりづらい」というムードが漂っていました。そんな状況の中、後継番組の『バイキング』は特定の芸人に任せるのではなく、“曜日替わりMC”という形を採用。坂上さんは芸人以外では唯一MCを引き受け、しかも週頭の月曜日を担当しました。

しかし、番組の視聴率は低迷。何度となく打ち切り説が流れる中、坂上さんは「リスクを承知の上で、2015年春から全曜日のMCを引き受け、視聴率を引き上げた」という実績があるのです。』

◆3つ目の理由
『3つ目の理由は、坂上さんの「本音」というキャラクターが企画にハマりやすいから。『バイキング』のサブタイトルは「生ホンネトークバラエティ」、『ダウンタウンなう』のメインコーナーは「本音でハシゴ酒」。両番組ともに「本音」というフレーズが使われていることから、それが坂上さんの代名詞であることが分かります。

毒を吐くことも多い坂上さんは好き嫌いがハッキリ分かれやすいタレントではありますが、「本音で話してくれる」という意味での信頼感は芸能界屈指。これまでのバラエティーは、たくさんの芸人が出演して「本音よりも笑いにもっていく」という形が多く、視聴者は予定調和のようなムードを感じはじめていました。』

詳細はコチラ


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
どんなに美味しい食べ物も3日で飽きる。坂上さんも最初は面白いと思ったけど、もう完全に飽きたの通り越して嫌悪感しかなくなった。あまりにも傲慢な司会とコメントが目立つし、これ以上見たくない。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
もういいと思う。

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
フジはダメだこりゃ・・・・普通に好感度低いと思う・・・・別にテレビで見なくても良い・・・・

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
挙げてた番組全部観てないし、観る気も起きないわ。坂上は品が無さすぎる。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
だから支持されないって何故気付かないかなぁ
坂上さんや梅沢産ばかりの番組は飽きられる
ジャニーズびいきもうんざり新鮮味がない
伊東四朗さんと小島奈津子さんのIQサプリとか人気だった番組を復活させた方が視聴率伸びるんじゃないの?

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
「ウチくる︎」の中山秀ちゃん切っておいて、
坂上忍の番組を増やすのか⁇
フジテレビの価値観が、全く分からない。
坂上忍の良さも、全く分からない。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
昔の大人気ドラマの再放送の方が、金銭負担も少ないし視聴率取れそうだけど。坂上さんは見飽きたよ


>こちらの記事も要チェック!


坂上忍は好きでも嫌いでもないけどあらゆる番組に出てたらさすがに飽きるかも(´・ω・`)