【朗報】眞子さまにラブラブな彼氏がいることが判明www【画像あり】

img_36dc66f877292408de8e5d04a94db42f109237

眞子さま、ガッチリ体型のイケメンと横浜デート後に東横線でラブラブなご様子

眞子さま

記事によると

  • 季節はずれの残暑となった10月2日の日曜夜、東京・渋谷と神奈川・横浜をつなぐ東急東横線の車内でドアにもたれかかっていた若い男女。しかし、イヤホンを耳に差しながら、ふたりを遠巻きに見守る私服の男女がいた。彼らは「側衛」と呼ばれる皇宮護衛官で、皇室の方々を守るボディガードとして、私的な外出先でも不測の事態に備えている。
  • そんな側衛が、さり気なく目の端でとらえていたのは、マーちゃんと呼ばれていた秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまだった─。
  • 電車に揺られながら眞子さまと男性は、ラブラブの雰囲気。時折、男性が眞子さまの髪の毛やおでこへ“ボディタッチ”することも……。これまでに見せたことのない心を許した表情はまさに恋する乙女。眞子さまは男性と同じリングとブレスレットを身につけているようで、“友達以上”の関係であることをうかがわせた。
  • 眞子さまは天皇・皇后両陛下の孫である内親王で、将来の天皇である悠仁さま(10)の姉になるお立場。交際相手がどんな人物で、ふたりの将来をどのようにお考えなのかは気になるところ。

詳細はコチラ

眞子内親王 – Wikipedia

princess_mako_of_akishino_2012-1-2

眞子内親王(まこないしんのう、1991年(平成3年)10月23日 – )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1女子。今上天皇の孫にあたる。身位は内親王。皇室典範における敬称は殿下。成年に伴い、宝冠大綬章受章(旧勲等では勲1等宝冠章に相当)。学位はレスター大学修士(学術)(博物館学)。お印は木香茨(もっこうばら)。妹に佳子内親王、弟に悠仁親王がいる。

略歴

1991年(平成3年)10月23日、宮内庁病院にて誕生。同日、賜剣の儀。この時に今上天皇から授けられた守り刀は、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された隅谷正峯の作。同年10月29日、命名の儀が執り行われ、父の秋篠宮文仁親王により、「眞子」と名付けられる。この名は、「天性のものを失わず自然に、飾ることなく、ありのままに人生を歩む」願いを込めて命名された。高校時代のあだ名は「まこしー」。
1998年(平成10年)4月、学習院初等科入学。その後学習院女子中・高等科に進学。この間、2005年(平成17年)頃からは、日本国内を中心として両親の公務、接見に同行・同座することが多くなり、最年長の内親王として国民の前に姿を現す機会も増えている。
2006年(平成18年)8月の夏休み期間中、2週間に渡ってオーストリアのウィーンでホームステイをした。ホームステイ先は、母・紀子妃の父川嶋辰彦の仕事仲間だったオーストリア人の家。かねてより美術や建築に関心があり、美術館や、シュテファン大聖堂やシェーンブルン宮殿などの建築物を見学した。
2006年(平成18年)には、父・秋篠宮の三重県訪問に同行して伊勢神宮式年遷宮の行事「川曳き」を視察、自ら行事に参加した。高等科在学中の2008年(平成20年)からは、単独公務も開始している。
2009年(平成21年)11月、国際基督教大学をAO入試で受験して、合格したことが発表された。2010年(平成22年)学習院女子高等科を卒業し、同年4月、国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科に入学。皇族の同大学への入学は初となる。雪面滑走競技部に入部した。同年7月14日から、同大学の海外英語研修としてアイルランド共和国に留学し、1か月間、アイルランド国立大学ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで英語を学んだほか、研修生の一員としてメアリー・マッカリースアイルランド大統領との懇談や、イギリス北アイルランド地方への訪問も行った。
2011年(平成23年)7月、東北地方太平洋沖地震による東日本大震災の被災地で身分を明かさずボランティア活動を行った。同年10月23日、成年を迎え、宝冠大綬章を授与された。以後、成年皇族として各種行事、儀式に出席している。
2012年(平成24年)4月、3学年に進級し、美術・文化財研究を専攻。在学中に学芸員資格および運転免許を取得。2012年(平成24年)8月3日、同年9月から2013年(平成25年)5月までイギリスのエディンバラ大学に留学することが閣議で報告された。同大学では美術史などを学んだ。皇族の同大学への留学は高円宮家の承子女王に次いで2人目となる。
2014年(平成26年)3月、国際基督教大学教養学部を卒業し、学士(教養)の学位を修得[7]。卒業論文は日本神話を題材とした絵画をテーマとした「明治時代における神話画の誕生、発展、そして葛藤」(英文、80頁)。同年国際陶磁器フェスティバル美濃名誉総裁に就任。
2014年(平成26年)9月、レスター大学大学院博物館学研究科に入学し、日本を離れる。翌2015年(平成27年)9月、同大学院の課程を終え、帰国する。大学院在学中は、他の学生と変わらず学生寮で生活し、サイモン・ネル(Simon Knell)教授の指導の下、ブラシュカ父子の海洋生物模型を題材に、修士論文「博物館におけるオブジェクトの解釈の可能性」を執筆したほか、イギリス王室との交流も行った。また、2015年(平成27年)7月から8週間、コヴェントリーのハーバート美術博物館(英語版)で実務研修プログラムに参加し、レスターのニュー・ウォーク博物美術館(英語版)での研究にも従事した。
帰国後の同年10月、父の文仁親王から引き継ぐ形で、日本テニス協会名誉総裁に就任>した。同年11月、東京大学総合研究博物館客員研究員に就任。
2016年(平成28年)1月21日、レスター大大学院の修了式に出席し、修士(学術)(博物館学)の学位記を受けた。同年、日本郵便・東京大学産学協働プロジェクト「インターメディアテク」JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」客員研究員就任。同年4月1日東京大学総合研究博物館特任研究員就任[27]。同年6月15日、日本工芸会総裁に就任。
同年9月、国際基督教大学大学院アーツ・サイエンス研究科博士後期課程に入学した。

みんなの反応

・皇族とはいえ、好きに恋愛くらいさせてあげれば良いのに。。ただ、普通に電車に乗っているっていうのは好感度高い!

・年頃なんだし良いじゃん。逆に何も無い方が不健康だわ

この男性も誰かは知らないけどそれなりの身分の方ということだよね?

・SPが付いているということはご両親もご存知かしら。それなりのお家の方なんでしょうね。

・結婚するのに、相応しい方だといいけれど、、、。

・ユニクロとか、庶民よりリーズナブルで普通に電車に乗ることも意外でした。好感度上がりました。微笑ましい。

どうか男性がきちんとしたいい方でありますように。お幸せをお祈りいたします。

・ガッチリ体型というよりポッチャリ体型に見えるが・・・皇室だから悪く言えないのだろうな

・普通の電車にのってるとは驚いた

こちらの記事も要チェック!


表情が普通の女の子になってて微笑ましい(´・ω・`)

関連記事