宝くじで100万ドル当てた男性 末期がんが見つかり当選から3週間で死亡

今年頭にニューヨーク州のスクラッチ式宝くじで100万ドル当選した自営業の51歳の男性は、 賞金の使い道の一つとしてこれまで貧乏で行けなかった医者にかかったところ、 ステージ4のがんが発見され、当選から23日後に死亡した。


宝くじで100万ドル当てた男性が3週間後に死亡

1月4日に宝くじに当選したドナルド・サバスタノさんは3週間後にがんで亡くなった

サバスタノさんは当選後、「新しいトラックを買って、借金を返して、投資をします」と語っていた。また、休暇に一分の金を使おうと計画していた。

しかし、サバスタノさんは計画を実現することが叶わず、26日にステージ4のがんで亡くなった。

詳細はコチラ


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
行かない方が幸せだったな

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
ぐうかわいそう

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
最後の最後で良い夢見れたな

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
大金当たったババアが交通事故に遭って死に損なったり
良い事があった後って本当注意しなきゃいけないな

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
知らずに死ぬよりええで
周りも自分も準備できるからな

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
ステージ4って場所にもよるけど体調とかにあらわれないんか?

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
悲しいなぁ


>こちらの記事も要チェック!


当選したから亡くなったわけではないよね…