中国の小学生の「通学」が過酷すぎてヤバイ・・・(画像あり)

  • 中国で通学する少年の写真がネットで拡散。中国で子供の貧困問題に関する議論が白熱している
  • 写真は小学校の校長が自校の生徒の姿を写したもの。、生徒の男の子の髪の毛はびっしり「霜」で覆われている

詳細はコチラ


片道4.5キロの通学の道のり、寒さで髪が真っ白になった「霜少年」

南東部・雲南省の小学校の校長が自校の生徒であるワン・フマン君の写真をネットに投稿。
真っ赤な頬で写真に写るワン君の髪は「霜」に覆われ真っ白になってしまっている。

ワン君は片道4.5キロの道のりを1時間以上かけて通学。写真を撮影した日の気温は「氷点下9度」だった。
この写真によりワン君はネットで「霜少年」と呼ばれることに。また、校長は荒れてむくんだワン君の手の写真も投稿している。

近年、中国では両親が都市に出稼ぎに行き、兄弟や祖父母と共に村に残される「留守児童」の窮状が議論を読んでいる。

ワン君はメディアの取材に対し「警察官になって悪いやつらをやっつけたい」「通学路は寒いけど、どうってことないよ!」と語った。


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
中国在住でリアルタイムでこのニュース見ました。
この子の通学路は道では無くて山と河原です、仮に通学バスが有っても役に立ちません。
お母さんは出ていってしまい、お父さんは借金を返すために出稼ぎ、おばあさんがこの子の面倒を見ています。
教室に入れば直ぐに溶けるとの書き込みも有りましたが、教室の中でも先生を含めてみんな防寒着を着ているほど寒いです。
日本の常識では考えが及ばない事も多々あります。
ただ映像で見る限りこの子から悲壮感は伝わってきませんでした。
貧乏ながらもたくましく生きているというか、思わず微笑んでしまうようなかわいい子でした。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
共産主義国家って、貧乏人いなかったじゃないの?

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
ほぼ満点のテストというのが、素直で真面目な子供なんだろうな………と思う。
凍傷になったら大変だし、本人の身体にあう状態の暖かい環境が整うように。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
寒い中よくがんばって登校して、えらいと思う。自分も昔は片道1時間以上かけて雨の日や雪の日台風直撃の日も学校に行った。天候が悪くても休校なんてなかった時代。病気や怪我でもないかぎり、親が車で送り迎えも禁止だったから。それが当時の当たり前。今じゃ考えられない。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
この子ならきっと立派な警察官になれるだろうなぁ


>こちらの記事も要チェック!


「寒いけど、どうってことないよ!」って健気過ぎるよ…立派なカッコイイ警察官になれますように!