【悲報】「自撮り死」セルフィー(自分撮り)による死亡事故数、世界第1位の国が決まるwwwwwww

自撮り」で死なないで 死亡例世界最多はインド

死んでも死に切れない…楽しい自撮りで「地獄行き」インドでセルフィーを撮っている間に亡くなった人々は過去2年余りで76人に上り、世界最多

「自撮り」で死なないで 死亡例世界最多はインド 調査結果

  • 「自分撮り(セルフィー)」による死亡事故を分析した調査結果が先週発表され、インドでセルフィーを撮っている間に亡くなった人々は過去2年余りで76人に上り、世界で最も多いことが明らかになった。
  • 米カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)とインドラプラスタ情報技術大学デリー校(Indraprastha Institute of Information Technology Delhi)は特別な手法を使ってインターネットやソーシャルメディアから情報を集め、2014年3月以降にセルフィーの最中に死亡したことが確認された127件の事例を特定した。
  • 「Me, Myself and My Killfie: Characterizing and Preventing Selfie Deaths(私、私自身そして私のキルフィー:セルフィーによる死の特徴と予防)」と題された調査報告書は、インド北部で走って来る列車の前で無謀にもセルフィーを撮ろうとした3人の学生が死亡した事故や、崖の上でセルフィーを撮ろうとしていたところ足元が崩れて18メートル下の渓谷に転落死した学生の例などを紹介。
  • また、歴史的建造物タージマハル(Taj Mahal)でセルフィーを撮ろうとした際に階段で転倒して死亡した日本人観光客や、ボートの上でセルフィーのためにポーズを取ったところ船が転覆して死亡した7人の例も取り上げている。
  • インドに次いでセルフィーによる死亡が多かったのは死者9人のパキスタン。次いで8人の米国、6人のロシアの順となっている。

詳細はコチラ

自分撮り – Wikipedia


自分撮り(じぶんどり)とは、自撮り(じどり)、セルフィー(英語: Selfie)とも呼ばれる、撮影者が手持ちしたカメラにて自分自身を被写体として撮影方法である。
一般的なカメラでは、ファインダーで構図を確認することができないため、意図するような写真を撮るのは難しい。これを回避するためには小さい鏡をレンズ側に取り付ける方法などがある。あらかじめレンズの横に鏡がついていたり、ファインダー部分を回転させることができるなどして、より簡単に、正確な自分撮りができるカメラも存在する。また、カメラ付き携帯電話ではテレビ電話用のカメラを用いることで、容易に自分撮りができる。
なお、英語で自撮り写真を意味する「selfie(セルフィー)」という言葉は、2002年から自画像写真を表す省略表現として使われ、2013年11月にはオックスフォード英語辞典による「今年の言葉」に選ばれている。

概要

自分撮りは、周りへの注意が疎かになるため、しばしば死亡事故などに繋がる場合がある。2014年3月には、電車の屋根で自撮りを試みた男性が高電圧線に触れて死亡したり、同年5月には女性が車両を運転中に自撮りを行い、前方不注意で衝突事故が発生している。また2014年8月には、ポルトガルに位置するロカ岬の断崖絶壁で自撮りをした人物が、撮影に夢中になるあまり崖から転落死した事故がある。同月には、拳銃を自分の頭に当てて自撮りを行った男性が、銃を誤射して死亡した事故もある。
2016年11月、アメリカのカーネギーメロン大学とインドラプラスタ情報技術大学デリー校は、特別な手法を使ってインターネットやソーシャルメディアから世界中の情報を集め、自分撮りをしている最中に死亡した127件の事例を特定したと発表。国別では最多となったのは、インドで過去2年余りで76人の死亡事例を確認した。

みんなの反応

・そこまでして「いいね」が欲しい気持ちがさっぱりわからん…

・ヨクナイネ!

・最後の写真が自分の死ぬところって
お葬式でも気まずいと思うわ

・自分を撮ったものを喜ぶ他人って少ないと思う;

・葬式の写真をセルフィー!生き返れば素直に笑えるんだけどねw
みなさん気をつけましょう

・その内、日本の観光地でも転落事故とかありそうですね。 清水寺とか東尋坊とか、、、
で、立ち入り禁止区域が増えるんだよね。 迷惑な話で困ったもんですね。

・自業自得。同情する気もおきない。

・それも大事だけどレイプ方が件数多いんじゃない?

・なんでみんな「いいね」くれるかというと、自分に「いいね」返しして欲しいから。それ分かってなくて、自分が興味の対象だと思っているなら、そうとうイタい。でもイタい奴って、「だね、でも自分は違うんだよ」と言う。

・この記事の難しいところは、「インドでの死亡例=インド人」とは限らない点。
特に観光地は、記事にもあるように外国人であることも普通。
国籍別の数字もあれば、お国柄とかとかも分かるかも。

・プールに来ていきなり自撮りしたと思ったら、ちっとも泳がず帰る人とか見た事あるけど、どうかしてるとしか思えない時がある。

・自撮りしたことがないんだけど

・本当は「どうでもいいね」があれば押したい人が多いと思う。

・セルフィー事故が起こった場所ではなく、事故を起こした人の国籍について知りたい。

・その最後の写真が怖いもの見たさで見てみたいような。

・命を落としてまで自撮りする奴の気が知れん。

・個人的に自撮りしたい気持ちがあんまりよくわからない…。景色とか建造物とか、美しいものの写真は撮りたいけどそこに自分入れるの邪魔って思ってしまう(笑)。皆自分が好きなんだなぁ。それは良いことだけど亡くなってしまったら元も子もないからとにかく気を付けてほしいな。

・スマホは非常に便利で面白い、その分 人間をぐうたらにしている。

こちらの記事も要チェック!


デッド オア セルフィー(´・ω・`)

関連記事