「レイプじゃないって!」映画 『ラスト・タンゴ・イン・パリ』の強姦シーンへの避難に監督反論

ベルナルド・ベルトルッチ監督、映画「ラスト・タンゴ・イン・パリ」の強姦シーンは女優マリア・シュナイダーも脚本を読み理解していたと主張

ざっくりまとめると

  • 映画「ラスト・タンゴ・イン・パリ」の強姦シーンは、女優の同意を得ていない本物のレイプなのではないかとネット上で騒ぎに
  • ベルナルド・ベルトルッチ監督は「強姦場面は脚本に含まれていたのだから女優は事前に知っていた」
  • さらに、実際には性行為はなかったと言明した

 

バターがトラウマになりそうですね

 



映画 「ラスト・タンゴ・イン・パリ」の暴行場面めぐる非難に監督反論

  • 1972年の公開当時から性描写が議論になった映画「ラスト・タンゴ・イン・パリ」の撮影で強姦場面の撮影が女優の同意を得ていなかったのではないかとインターネットで騒ぎになったことを受け、ベルナルド・ベルトルッチ監督(76)が「ばかげた誤解だ」と反論した。
  • 映画の撮影があらためて物議を醸すきっかけになったのは、ベルトルッチ監督の2013年のインタビュー。強姦場面でバターを使うと決めたのは、撮影当日の朝で、強姦される役の女優マリア・シュナイダーさんの同意を事前に得ていなかったと話していた。このビデオが今月初めになって再び浮上し、ソーシャルメディアで映画関係者を含めて大勢が怒りを表明した。シュナイダーさんが実際に強姦されたと思い、怒る意見も多く飛び交った。
  • ベルトルッチ監督は5日に反論の声明を発表。強姦場面は脚本に含まれていたのだからシュナイダーさんは事前に知っていた、知らせなかったのはバターを使うという点だけだったと説明し、実際の性行為はなかったと言明した。映画では、マーロン・ブランドさん演じる主役ポールがシュナイダーさん演じるジャンヌを強姦する際、バターを潤滑剤として使う。
  • 2011年にがんのため58歳で亡くなったシュナイダーさんは、2007年に英紙デイリー・メールとのインタビューで、実際の性交はなかったものの、場面は脚本になかったため、撮影は「屈辱的」で、「マーロンとベルトルッチの両方に少し強姦されたような気分だった」と話していた。またシュナイダーさんは、自分が後に薬物依存症となり自殺未遂を繰り返したのは、この映画でいきなり世界的な注目を浴びたせいだと述べていた。
  • 5日に発表した声明で、ベルトルッチ監督は「ばかげた誤解をはっきりさせて、決着をつけたい」と書いた。
    「(バターを)このような不謹慎な形で使うことに、彼女の生の反応が欲しかった。誤解はそこから生じている」
    「自分が受ける暴力についてマリアは知らされていなかったと、そう思った、そして今でも思っている人たちがいる。それは違う!」
    「脚本にはすべて描かれていて、マリアは脚本を読んでいたのだからすべて知っていた。新しい要素は、バターのアイディアだけだった」

詳細はコチラ

ラストタンゴ・イン・パリ – Wikipedia


『ラストタンゴ・イン・パリ』(伊: Ultimo tango a Parigi、英: Last Tango in Paris)は、1972年のイタリア映画。

概要

1970年代前半の映画にして大胆な性描写(一般映画として、アナル・セックスの描写がある初の映画と言われる)が世界中に物議を醸し、本国イタリアに至っては公開後4日にして上映禁止処分を受け、日本でも下世話な話題ばかりが先行し、当時の興行成績は芳しくなかったという。反対に支持者も多く、ミッキー・ロークはこの映画の大ファンであり『ナインハーフ』を作るきっかけになったという。
主演のマーロン・ブランドにとっては辛い映画であり「役者として拷問のような体験だった」と語っており、私生活でも泥沼の裁判劇の挙句敗訴という憂き目に遭った。ヒロイン役のマリア・シュナイダーに至っては波乱万丈の人生を余儀なくされ、この映画に出演した事を「人生最大の痛恨」と語っている。しかし両名の演技の評価は高く、特にブランドの中年男の悲哀感をたっぷりにじませた迫真の演技は圧倒的なものであり、本作でブランドはニューヨーク映画批評家協会賞を受賞している。
当初はドミニク・サンダがヒロイン役として考えられていたが、妊娠のため降板した。
映画冒頭ではフランシス・ベーコンの絵画が2点起用されており、主人公達のコスチュームデザインもベーコンの絵画から作られている。
レイプシーンの撮影はマリア・シュナイダーに告知、了承を得ないで行われたことが明らかにされた。

みんなの反応

 

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
まあ70年代とかならそういうこともあったのかなって
しかし2007年でも2013年でもなく今炎上してるのはどういうわけだろう

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
演技で凄いと見せるのが俳優であり監督の仕事だろ

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
バターの件についてはブランド、シュナイダー、ベルトルッチの3人の力関係で現場では嫌とは言えなかったんやろな!

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
名作や素晴らしい芸術を生み出すためなら、何をやっても許されるわけじゃない。「良い映画を撮るため」という名目のためなら、出演者はどんな要求も受け入れるのが当然とは思わない。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
本人がインタビューで話したときになぜ問題にしなかったのか…。
今さらこの話を取り上げたところで、亡くなった今、女優本人に謝ることもできない。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
普通の女の子の反応がほしかったとか、本当にクソだな。共演者をモノ扱い

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
すごいのでDVDを見てください。としか聞こえない。

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
監督以前に人としてどうかと思う

 

9: ジャム速ニュース jamsoku-news
映画での場面は、どのような内容であっても、役者が演じる事で成立するのではないでしょうか。

 

10: ジャム速ニュース jamsoku-news
いくらリアリティーが欲しいと言ってもバターの件は許されないだろう。
監督の驕りにしか思えない。

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
監督は自分のしたことを後悔したほうがいいな。

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
確かに当時は話題になったが。
なんで、今、わざわざ蒸し返す?。

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
そんなニュースが流れるころ、日本では市議僧侶(43)が少女(16)を買春したりしているのであった(笑)。

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
映画監督とはある意味映像表現の鬼、鬼畜ですから。

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
映画は監督と俳優の共同作業。そしてもっとも必要なのは信頼関係。たとえどんなに際どいシーンでも信頼関係があれば乗り切れる。ベルトリッチ監督はその信頼関係を踏みにじった。これは映画そのものへの冒涜。

こちらの記事も要チェック!


映画ってこういう風に撮られてるの結構ありそう。シャイニングで監督がわざと女優にNG出しまくって精神的に追い詰めたとかもあるし…
有名になって人生が狂ってしまった人といえばスターウォーズの子供時代のアナキン役の人はもう目も当てられないくらいひどかった(´;ω;`)

関連記事