【閲覧注意】「エイズ患者の血液を注射器で自分に注射」自らHIVに感染した男性がコチラです・・・


「快適な生活ができるエイズ診療所で暮らすために」キューバ人のロッカー、自らHIVに感染する

  • キューバ人のロック演奏家ゲルソン・ゴベアさん(42)はHIVの友人の血液を自分に注射し、自ら進んでHIVに感染した
  • 理由は比較的安全で居心地の良い国立のAIDS診療所に入るため。妻(44)は同じくAIDSで両足を失った。ゴベア自身はまだ立てるが体が弱っている
  • 診療所でバンドを結成したものの、病気のせいで人前で演奏することは出来なかったという

詳細はコチラ

 

めちゃくちゃ過ぎる


















みんなの反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
政府に頼って生きていくってのはロックなんだろうか・・・

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
ただの怠け者にしか思えないんだが…

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
自堕落な生活のために自ら感染て、気が違い過ぎてる

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
死んでしまったら主張したいことも出来なくなることに彼は気づいてるのかな

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
ロックな生き方でもないし、主張したいことがよく分からんし、かっこよくもない。
何がしたいのか理解してあげられる人はいないんじゃ。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
なんか紛らわしだけ

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
なにも自分からエイズにかからないでも
政治に不満があるなら自由な国に逃げる手もあったでしょうに。
実際、多くの人がそうしてるわけだしさ。

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
これがロックンロールか

 


9: ジャム速ニュース jamsoku-news
彼等の大半はキューバ政策によってしわ寄せがあった人だろう 旧ソ連崩壊後後ろ盾の無いキューバはドン底に落ち、アメリカ歴代大統領のカストロ恐怖syndromeでますます窮地に。その中でマイノリティが生きて行く手段がこれなわけで、肩寄せあって生きていくにはHIVに感染した方が早かったんだろう。私を含め何でもある先進国には理解不能な行動かも知れない。しかし、同じ境遇、立場ならどうしたか?多分同じ事をしたかもしれない。

 

10: ジャム速ニュース jamsoku-news
人を突き動かすものってのはスゴいな。

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
偉そうなこと言ってるけど、他人の力を借りないと生きていけないじゃん。

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
キューバって医療が無料だからね
しかも医療大国

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
アホだな。

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
なんだ時限つきナマポか。

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
政府に頼る彼はロッカーではない。
依存する心からは、痩せた発想しかない。
つまり、アーティストでもない。
単なる怠け者。
ダサっ。

>こちらの記事も要チェック!


ロックなのに反体制ではないのか
キューバ人の暮らしぶりがわからないからなんとも言えないけど…でも狂気を感じる

▼コチラの記事もオススメ▼