2300万円の楽器をバッキバキにした航空会社の対応がヤバイwww「うちに責任はありません!」

  • オークションで2300万を越えるといわれている楽器を航空会社に預けたらバッキバキに破壊されたという報告が海外メディアで話題に
  • バッキバキに破損しているにも関わらず航空会社は「責任がない」と主張。規定に基づいて保障するとしている。

詳細はコチラ


2300万円の楽器が…

1月10日、ブラジル出身でイスラエルで活動中の音楽家ミルナ・ヘルツォーク(Myrna Herzog・66)がアリタリア航空に搭乗。搭乗前に所有していた楽器「ヴィオラ・ダ・ガンバ(viola da gamba)」を荷物に預けた。この楽器は最も希少な楽器の1つで、オークションで21万2000ドル(約2360万円)を超えると言われている。

飛行機が満席なためヘルツォークは「取扱注意」のシールを貼ってくれと要請し楽器を預けた。

しかし空港到着後も一向に荷物は出てこなかった。スタッフに尋ねてみると「物が破損したかも」という回答が返って来たという。結局スタッフが持ってきた楽器はボロボロの状態で、中だけでなくハードケースまでも粉砕していた。しかし航空会社側は責任がないと主張。

ヘルツォークはこの悔しさを写真と共にFacebookに1月3日と5日に2回に分けて投稿。彼女は「約40年間様々な国で公演をしてきた。ほとんどの機内には楽器を持って乗ることができて、そうで無い場合は注意深く預かってくれて大きな問題はなかった」と投稿。その投稿は5万7000回以上共有され、複数のメディアが報じた。

騒動が大きくなると航空会社は「私達はヘルツォークに余分な席を提供しようとしたが、彼女は拒否した。規定に基づいて補償手続きを進める」と声明を公開。しかしヘルツォークは「席を提供してくれたことなんて無かった」と反論している。

 

破損された楽器はコチラ

何をどうしたらこんなバッキバキになるんや…


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
ハードケースがここまで壊れるって相当やばいぞ
壊す意志がなければ出来ないレベル

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
こんな航空会社に命預けたくないな

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
海外の荷物の取り扱いは酷いからな。
投げるのは基本、踏むは他の荷物の下敷きに
するわ酷いもんよ。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
箱ごと逝ってるのは言い訳できんだろw

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
そんなもん持ってくから

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
だめだこりゃ

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
嘘だろ…
価値云々の問題じゃないだろ…
てか、個人で持ってる人がいたことに驚きだよ…
年代はいつのものだろ…16から17世紀なら…世界的に見ても損失した価値のレベルが桁違いだぞ…復刻されたとはいえ…ぇえ…


>こちらの記事も要チェック!


2300万…訴えたら絶対勝てる案件じゃ…