【恐怖】帰宅したら家の中に○○うなり声に警察もタジタジ【画像あり】

c_131005_4cfb4c05bd3774b1e05bf02831b2dc4c850fbb19_jpg

帰宅したら家の中にピューマ、うなり声に警官たちもタジタジ

u57feec21c0955a3200004ff207bf news2890009_38

記事によると

  • 帰宅した家の中に待っていたのは、とんでもない動物でした。
  • 大勢の警官が取り囲む南米ペルーのとある民家。中に隠れていたのは、なんとピューマです。
  • ピューマはうなり声をあげて威嚇し、駆けつけた警官たちは、近づくことができません。結局、獣医師が吹き矢で麻酔を打ち、やっと捕獲することができました。
  • 捕獲されたピューマは、動物園に引き取られたということです。

詳細はコチラ

ピューマ – Wikipedia

cougar_25

ピューマ(Puma concolor)は、食肉目ネコ科Puma属に分類される食肉類。
新生代第四紀更新世中期イオニアン(英語版)に出現したと考えられる。北は北米大陸のロッキー山系最北端から南は南米大陸南端のパタゴニア平原までを平地から標高3,900mの高地まで、湿地の森林地帯から砂漠地帯までと非常に広い範囲の多様な環境に適応し生息している。今日の北アメリカでは、場所によって絶滅あるいは絶滅の危機に瀕しており、保護活動も行われている。

形質

ネコ科の中では、ヒョウ、ライオンなどのヒョウ亜科ではなく、イエネコを含むヨーロッパヤマネコと同じネコ亜科に属し、ネコ亜科では最大級の大きさである(ただし、最新の研究ではネコ科全体をネコ亜科とする考え方もある)。オスは体長(頭胴長)約1 – 1.8m、体重約65 – 100 kgに達し、メスは一回り小さい。成獣の体は黄褐色の毛で覆われ、無紋、耳の縁と長い尾の先だけが黒い。幼獣は体中に黒から黒褐色のヒョウのような斑紋があり、尾には黒い輪があるが、これらは成長とともに消えていく。敏捷で瞬発力に優れ、高さ4 m、幅12 mほどの跳躍した記録が残されている。なお嗅覚が鋭い。また、ネコ科の大型肉食獣の中では特に眼球が大きく、視力が高い。寿命は野生のもので12年ほど、飼育下では25年程度。
基本的に単独行動であり、オスでは平均の広さ250 km2(半径9 kmの円)程度の縄張りを持つとされる。比べ、メスの縄張りは狭く面積はその半分から3分の1程度となる。ただし、縄張りの広さは環境に左右され、餌が豊富で条件がよい地域ではオスの縄張りが1頭当り25 km2(半径3 kmの円)程度の地域もあるという。主にネズミ、リス、ウサギ、アライグマ、ナマケモノなどの小型哺乳類や、鳥類、爬虫類、魚類、バッタなどの昆虫を食べ、シカなどの大型哺乳類やアメリカヤマアラシを捕食する場合もある。狩りの方法は、地面に伏せて獲物に忍び寄り、後ろや物陰から瞬発力を利用して一気に飛びかかるというもの。獲物の行動を止めるため、顎や喉笛に食いついたり、獲物を転倒させて、腹部に食いついたりもする。ヤマアラシに対する狩り方は、針毛のない腹部を爪で掻き裂くというもの。捕食された動物の中には、飛びつかれた際の衝撃による骨折が死因のものも見つかっている。
ピューマは広い縄張り且つ単独行動の種であるため、生息地域に人間が住んでいる場合でも見かけることは少ない。これまでにおいて人間への直接被害は多くないが、猛獣であることには変わりはないため、人間の子供、屋外で飼育しているペット、家畜などは襲われないよう注意されている。

みんなの反応

・手が大きいところが、可愛い。

・これは警察もビックリするわ

寝てる間に肉球とか触りたい。

・ピューマって…なんか久々に聞いた……
このタイミングでコソ泥が入ってればもっと
ウケたのに……

・なんか妙に可愛い。

・この体格で、またたびでトロトロするかと思うと、やってみたい!

可愛いと思ってしまった。でも実際見たらビビる。

・かわいいけど猫みたいに懐かないだろうな。命懸け。

・威嚇はしてるけど、怖がってもいて、殺されたら可哀想だと思っちゃいました。
もしも大暴れしていたら、違っていたかもしれませんね。

こちらの記事も要チェック!


怖すぎるわ(´・ω・`)

関連記事