ひふみんこと加藤一二三の「最高月収」ぶっ飛んでて草


ひふみん、最盛期の月収は「1ヶ月7000万円」と明かす

  • 将棋界のレジェンド・ひふみんこと加藤一二三九段(77)が9日放送の「せやねん!」で最盛期の月収が7000万円だったことを明かした
  • 番組では羽生善治永世七冠(47)の昨年の獲得賞金と対局料を9150万円と紹介。ひふみんは「1億円は控えめな数字ですよね」と羽生永世七冠の年収は1億円を上回ると推測
  • 自身の最盛期の収入は「1カ月に7000万円くらい」と衝撃の収入を明かした

詳細はコチラ

 

すげええええ


みんなの反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
いまじゃ独特な口調と容姿ですっかりゆるキャラのような人気を得てるが、本来は将棋史の残るような棋士
負けん気の強さは話の端々で窺える

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
凄いな。
印税もあるしな。

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
月収っていっても毎月入るわけじゃないよね。
でも、プロ将棋ってそんなに儲かるのかぁ。知らなかった。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
昨今のイジられキャラで大儲けできるのも現役時代の実績大記録を持つ偉大な棋士がそのギャップが大ウケているんでしょうね。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
昔、将棋にハマってたころ加藤一二三さんの将棋本買って研究したことあります。
尊敬するプロ棋士なんですが、こんないじられキャラで愛されることになるとは夢にも思わなかった

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
一二三さんは素直に後輩の偉業を称えられるところが、張本や他のスポーツの昔の実績で威張る輩と違う器の大きいところだと思う。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
せやねん、の中で、M-1で敗れたかまいたちに対するアドバイスが的確過ぎた。
負けたのは「たまたま」調子が悪かったんだと思え。上手なライバルの長所を学べ。ウケるネタを蓄積しろ。
将棋にしろ漫才にしろフィールドは違えど、土台は同じってことか。
ポジティブな人ってそれだけで人生得してると思う。

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
そりゃあ鰻食いまくれるわな。

 


9: ジャム速ニュース jamsoku-news
勝手な意見だけど、この人の凄さを知っている将棋ファンとしては、タレントに成り下がって、番組の意向に沿った猿回しのサルの扱いで悔しいなぁ。
尊敬していた人が、年下のアホなタレントにいじられて笑われるのを見るのは心が痛む。

 

10: ジャム速ニュース jamsoku-news
こうしてみるとひふみんって猫に似てるな。
ペットは飼い主に似るっていうけど本当かもしれないな

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
芸能活動してたらもっと収入伸びるんでないの?

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
羽生さんに6勝はすごい。今の方が稼いでそうだけれど。

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
じゃあ中原先生ならもっと凄かったのかな?

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
税金で半分取られた後の7千万だったらもっとすごい

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
確かにトッププロは稼げるかもしれんが、まずプロになるのが大変だから。タイトル戦に挑むことが出来る人なんてさらにほんの一握り。楽に稼げるなんて絶対に思ったらいけない。

>こちらの記事も要チェック!


将棋ってそんな賞金貰えたのか…でも棋士ってお金に興味ないイメージ

▼コチラの記事もオススメ▼