JASRAC、坂本龍一を騙してコメントさせていた・・・


坂本龍一がJASRACに苦言

  • JASRACが映画音楽の使用料を引き上げ、映画館から徴収する方針を決めたが、坂本龍一がJASRACに苦言
  • 11月8日のJASRACの記者会見では坂本のコメントも紹介されたが、JASRACから送られてきた資料には「海外並みのパーセンテージにする」「劇場から徴収する」とは書かれておらず、会見の内容を知り驚いたという
  • さらに、JASRACに世間からの批判が集まっている理由について「なぜJASRACの主張は批判を浴びるのか。世間のイメージも含めて、自分自身を問い直す必要があるのでは」「襟を正して、透明性を高めていってほしい」とコメントした

詳細はコチラ

 

◆11月8日、JASRACの会見で紹介された坂本龍一のコメント記事ソース

音楽業界全体の売上げ縮小が続く中、音楽家は音楽を作るだけでは生活することが難しくなっています。インターネットを介した音楽の頒布はすばらしいことですが、音楽自体の値段が限りなくゼロに近づいているのは残念な事実です。

しかし、映像と一体となる音楽のアウトレットは、形を変えながらますます需要が増しています。そんな時、新作・既存に関わらず、使用される音楽とその著作者に対しての正当な対価が支払われることが重要なのは言うまでもありません。

映画興行収入において世界の高位である日本が、先進国ならびにアジアの中でリーダーシップを発揮し、クリエイターの経済的基盤を守るために尽くしてくださることを願って止みません。

JASRACの会見で坂本龍一の上記の発言が紹介され、JASRACに味方しているような報道がされていたが、
JASRACから坂本龍一宛てに届いた資料には「海外並みのパーセンテージにする」「劇場から徴収する」とは書かれておらず、JASRACの発表を知って驚いたという。

 

◆11月14日の記事のBuzzFeed News記者の質問&坂本龍一の回答 一部抜粋記事ソース

――11月8日のJASRACの記者会見では「使用される音楽とその著作者に対しての正当な対価が支払われることが重要」とする、坂本さんのメッセージも紹介されました。坂本さんが、今回のJASRACの方針を全面的に支持しているように誤解した人もいるかもしれません。

JASRACからは「映画業界へ向けてメッセージを出してほしい」ということで依頼書が送られてきました。

世界的に見ても、映画のなかでの音楽の地位は低い。日ごろからその点を問題だと思っていましたし、機会をみて発言してきました。

信頼するイタリアの作曲家、ダリオ・マリアネッリがすでに長いメッセージを寄せていたこともあり、引き受けたのです。

ただ、送られてきた資料には、海外並みのパーセンテージにするとか、劇場から徴収するといったことまでは書かれていませんでした。

――では発表を知って、寝耳に水の部分もあったのですね。

そうですね。事前の情報はまったくなかったので。

一足跳びに海外のスタンダードにすれば、弊害も出てくるでしょう。小さな映画館はつぶれてしまうかもしれない。

JASRACと映画関係者とで、よく話し合う必要があるのではないでしょうか。

――坂本さんはJASRACに対して、以前から厳しい指摘をしてきました。

JASRACの一極支配に対しては、90年代から主張をしてきました。僕らミュージシャンたちが声をあげたこともあって、一極支配が崩れ、ほかの著作権管理会社が生まれた。そういう自負はありますね。

著作権には演奏権や録音権、貸与権などの「支分権」があります。僕の場合、新規楽曲については演奏権のみJASRACに委託していますが、演奏権以外の支分権は新興のNexToneに委託しています。

(※NexToneはEXILEやONE OK ROCK、ゴールデンボンバーなどの楽曲を取り扱っている新興の著作権管理会社)

――JASRACは6月、音楽教室から演奏に伴う著作権料を徴収することを正式発表しました。

音楽教室のなかで複数の生徒さんが演奏したとしても、内輪の範囲だと僕は思いますけどね。JASRACはちょっと踏み込み過ぎたんじゃないかな。そんなことよりも、ほかにやるべきことがあると思いますよ。

――JASRACへ望むことは。

ネットが普及して、著作権について心配される場面も増えてきました。しかし、JASRACは時代とかけ離れている、時代が見えていない、というイメージが強いですね。

なぜJASRACの主張は批判を浴びるのか。世間のイメージも含めて、自分自身を問い直す必要があるのではないでしょうか。

襟を正して、透明性を高めていってほしいですね。


みんなの反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
ホントその通り・・・彼らのやってることは利益の追求で音楽文化の普及発展にに何の役にも立ってないと思う・・・課金のゴリ押しはやめた方がいい・・・

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
そのうち…
JASRACは鼻歌にも課金してくると思う。
鼻歌に注意しなければ。

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
そもそもJASRACって金とって何やってるの?

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news

権利を持っている側が言ってくれるとリアルだよね。要は一般人から取った金をどう配分しているのかしっかり内訳を公表すれば良い。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
映画のヒットによって初めてその音楽が初めて
人気が出ることもよくある話。
偉そうなことばかり言ってるとぼったくる音楽そのものが
需要を無くすんだよ。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
音楽に興味なくても、匂いと同じで一瞬で当時の時代に戻れるんだよね。不思議だな。
それだけ人生には必要不可欠なんだよね、音楽。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
作曲家であり、映画に関わった経験があるから難しい立場ではあると思う。でもよく言ってくれた。
JASRACが潰れるのが最善の道。

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
正す気があるなら、今やってるような横暴なことはしない

 


9: ジャム速ニュース jamsoku-news
ただ現状が国際的にみて、おかしいからって一律に海外と同じにする必要はないと思う。
現在の日本の実情に合う形をまずはJASRACがしっかり考えたら?
あとは何よりもJASRACが徴収しているお金が一体何に使われているのかを明示すべき。これが役員の懐に入っているとすればとてもじゃないが筋は通らない。

 

10: ジャム速ニュース jamsoku-news
昔、カラオケボックスを経営してたが
JASRACの徴収はヤクザ以上だった
倒産した会社にも容赦ナシだった
現在のやり方見てても
もっとやるだろうと予想してます
1度解体した方がいい
多分、上層部にロクでもない輩がいるはず

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
一本あたりだと、そもそも興収なさそうな小さな映画はどんどん上映されなくなるだろうね。

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
教授みたいに影響力のある人が
束になってこの様な指摘をして欲しい。
今が色々と変えるチャンスだと思う。

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
アーティストも、映画館や音楽教室も、消費者も、音楽に直接かかわっている人間は誰も喜んでいないのに。
JASRACさん。
この件の「受益者」は、だれ??

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
JASRACが金の流れを明らかにすることは無いでしょう。
大半を自らの懐にいれてるだけなのは確実だし、
明らかにしたところで今以上に反感を買うだけ。

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
実家の喫茶店に来た時、ズルそうな親父と、グラサンの巨漢が仁王立ちなって入って来た。思わず「昭和か!」って怒鳴ってやった。売れないインディーズの中には「タダでも使って欲しい」「あっちこっちで使ってもらった事があるけど、印税なんてもらったことがない」って言ってる。上納金の方法にはアーティスト別ではなく一括ってのもある。その分配は明らかになっていない。
それより、ここは誰の天下り先なの? それを明らかに!

>こちらの記事も要チェック!


JASRACはマジで金取ることしか考えてないな

▼コチラの記事もオススメ▼