【マジ?!】父親が娘の胸を揉みしだく風習があるらしいwwwwww

愛娘の乳房を大人になるまで実父が揉みしだく奇習…新潟・下越地方

ざっくりまとめると

  • 嫁に行くまで娘の胸を父親が揉みしだくという風習がある
  • 一説には江戸期以前より行われていたものなのだという

 

ま、まじかよ…orz

 

奇習! 愛娘の乳房を大人になるまで揉みしだく実父 ― 江戸期以前より親しまれてきた“育乳”の儀式=新潟県

  • 「娘のね、胸をね、揉むんです。そうしますとね、胸がどんどん育っていって、大人になって、母親になったときに、良い乳が出るそうなんです」
  • 新潟県・下越地方のとある地域において、かつて民間伝承的に定着し、親しまれていたという“育乳の儀式”についてそう語るのは、現在、新潟市内の特別擁護老人ホームで余生を過ごす河野田善吉さん(仮名・89)。河野田さんの話によると、当地におけるその儀式はかなり長い歴史を持ち、一説には江戸期以前より行われていたものなのだという。
  • 「私も詳しくは知りませんけどね、それはもう、大昔からあったものだそうです。女の子が生まれて、月のものがくるようになりますとね、産婆のばあさまのところへ連れていかれましてね、その子の父親が、胸の揉み方を教えてもらいまして。ええ、そうです、父親です。それで教えてもらった揉み方をですね、その子がお嫁にいくまで続けるんです」

詳細はコチラ

項目名 – Wikipedia


WIKIの内容

概要

概要など

15: ジャム速ニュース 2016/11/28(月) 21:38:54.25 ID:Re2nZcIJ0.net
風習ということにしてエロ父が始めたのが始まり