【フィギュア】本田望結ちゃん、姉・真凜を超えてしまう

6日、フィギュアスケートの全国中学校大会が開かれ今季シニアデビューした本田真凜の妹で女優の望結が女子フリーに出場し演技を披露した


フィギュア全中でフリーに進み笑顔

実は3年前、真凜は中学1年生で同大会に出場したがフリーには進めなかったという。
望結は「一応、お姉ちゃんに勝てた」と笑顔を見せつつも、真凜への憧れは変わらず「お姉ちゃんのような選手になりたい。来季は連続3回転ジャンプに集中できるように練習してきたい」と話した。

詳細はコチラ


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
彼女は俳優だけあって表現力が高く演技が上手い。見目も良い。成績を上げて上位選手として頑張って欲しい。純粋に応援してる。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
ジョニーがデザインしたコスチュームよく似合ってたけどもう着れなくなっちゃたんだろうな。

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
二足のわらじでオリンピックは難しいだろうが、目標がプロスケーターでの成功ならこのまま両立させる方がいい気もする。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
この姉妹はよく非難されているけど、こういう華がある選手がいて記事に取り上げてもらわないと本当にスケートの記事は減ってしまうと思う。この子達が記事にならなかったら他の子が載るということではなくて全く記事にならないだけなのだから。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
姉超え立派。
90人近くの中で18人しかフリーに進めない全中ではショートでのほんの少しのミスが命取りなのに、望結がジャンプミスがあってもフリーに進めたのは、他の要素でちゃんと点を取ったってことよね。
「(体調や氷の状態に左右される)ジャンプの失敗は仕方がないけど、スピンステップは練習した分だけよくなる」という濱田コーチの長年の教え。
真凜はこの教えを軽んじてきたせいでカナダのSPで大爆死。
それで初めてこのことを口にしたけど、望結は小さい時から事あるごとにこの教えについて話してた。
望結は自分がジャンプに弱いことを自覚していて、それ以外でできることは絶対負けないように努力してる。
これが真凜に欠けているところ。
なんだかんだ言っても望結には絶対負けることないと思ってただろうから、こんな風に妹に超されたら、真凜もプライドかけて奮起するしかないでしょう。
兄妹間で切磋琢磨できるのがいいね。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
マスコミ、あまり持ち上げないように。
長いスパンで彼女の成長を見守ってくださいな。
視聴率優先は良くないことです。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
女優もスケートもやっていると鼻にかけるのではなく、二刀流ではなく二足のわらじと自分で言ったり、スケートの技術では妹の方が注目されても嫌な顔せず素直にその実力を認め、そういう謙虚で努力家なところが好き。というかこの歳にして尊敬。大変だと思うけど、応援したいな。


>こちらの記事も要チェック!


本田望結ちゃんってかなりカツカツなスケジュールの中頑張ってるんだよね!マジですごいと思う…自分もがんばろう(´・ω・`)