トルコでビューした長友佑都、現地メディアから酷評の嵐「気に入らない。並の選手だ」

トルコのガラタサライへ移籍したDF長友佑都が4日、シバススポル戦で新天地デビューを飾った。しかし現地メディアの評価は低かったようで…


デビュー戦は酷評の嵐

トルコメディア『Sporx』は、この試合の長友のプレーをデータで分析。加入後2回の練習に参加しただけという段階でパス成功率90%を記録したことは好意的に評価されているが、19回あった1対1の場面で5回しか勝利できなかったことは「ガラタサライのファンを不安にさせたデータ」だと述べられている。

元トルコ代表のルドバン・ディルメン氏は、「初戦では弱い選手に見えた。このフィジカルでは厳しそうだ」と長友を評し、ルーマニア代表DFヤスミン・ラトヴリェヴィッチの起用を勧めている。解説者のメフメト・デミルコル氏も同様に、「もちろん長友のことは気に入らなかった。並の選手だ」と批判している。

詳細はコチラ


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
次はどこだ
中国か

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
体が萎んでいるしな

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
フィジカル面で期待されてたのか

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
高さでやられたのではなくドリブルでの1対1でぶち抜かれてたからな
そういった平面の勝負では食らい付くマンマークの強さが売りだったのに
ありゃ失望されて当然だわ

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
フィジカルが弱い長友がレギュラーの日本代表オワタ

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
流石サッカー後進国

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
長友からフィジカルとったら何が残るん?


>こちらの記事も要チェック!


あーぁ…