【悲報】スポーツ選手「のど飴ペロペロ」委員会「はい、ドーピング!」←これwwwwwwwwwwww

「南天のど飴」ダメ、「浅田飴」ダメ、「丁子(=クローブ、スパイス)」もダメ…ドーピング指定めちゃくちゃ厳しかった

  • 1月1日からドーピングの禁止表国際基準が変更となり、スポーツ選手は「南天」を含むのど飴の服用ができなくなった
  • これに伴い、「南天」を一切含まない「龍角散のど飴」がドーピング指定されたとするデマが拡散してしまった
  • 龍角散は公式に“「ヒゲナミン」は一切含まれていない”とした

 

丁子ってクローブ?カレーとか料理にも結構使われるっぽいけどドーピングってこんな厳しいんか…


「龍角散のど飴」
デマが拡散してしまったが、龍角散には「南天」は含まれていないのでOK

 

「南天のど飴」
南天のエキス入りなのでドーピング指定

「浅田飴」
エフェドリン(麻黄)を含むので既に禁止になっていた

「龍角散のど飴」がドーピング指定? 事実誤認によりデマが広がる

  • 1月1日よりドーピングに関する禁止表国際基準が変更となり、スポーツ選手は「南天」を含むのど飴の服用ができなくなりました。ところが、「南天」を一切含まない「龍角散のど飴」がドーピング指定されたとするデマが拡散中です。
  • 日本卓球協会ドーピングコントロール委員会は昨年(2016年)12月28日、1月1日より新たにドーピング扱いに指定される禁止物質に関して注意喚起のための情報発信を行いました。これによると、「ヒゲナミン」が含まれる「南天」入りののど飴は使用禁止に。ところがこの情報を見て、「龍角散のど飴」に南天が含まれると勘違いしてしまった人がSNSに投稿。誤情報は瞬く間に広がり、大手まとめブログなどでも記事化される事態に。
  • ヒゲナミンは南天以外ではゴシュユ(呉茱萸)、ブシ(附子)、 サイシン(細辛)、チョウジ(丁子)にも含まれますが、「龍角散のど飴」の成分にこれらはどれも入っていません。龍角散はねとらぼの取材に対し、「龍角散のど飴」にはヒゲナミンは一切含まれていないためドーピングには当たらず、また、「龍角散が販売する製品にヒゲナミンを含むものは1つもない」とコメントしています。
  • なお、「浅田飴」はエフェドリン(麻黄)という禁止物質を含むため、以前から選手の服用は不可となっていました。龍角散は公式に“「ヒゲナミン」は一切含まれていない”とするリリースを出しました。

詳細はコチラ

龍角散のど飴 – Wikipedia


ナンテン(南天、学名:Nandina domestica)は、メギ科ナンテン属の常緑低木。
和名の由来は、漢名の「南天燭」の略。南天の花は、仲夏の季語。実は三冬の季語。

薬用・実用

葉は、南天葉(なんてんよう)という生薬で、健胃、解熱、鎮咳などの作用がある。葉に含まれるシアン化水素は猛毒であるが、含有量はわずかであるために危険性は殆どなく、食品の防腐に役立つ。このため、彩りも兼ねて弁当などに入れる。熊本県旧飽田町(現熊本市)では、すり潰したナンテンの葉の汁を濾したものを小麦粉の生地に加えた麺料理「しるかえ」を作る。もっとも、これは薬用でなく、食あたりの「難を転ずる」というまじないの意味との説もあり、当初から、殺菌効果があると分かって赤飯に添えられたり、厠(手洗い)の近くに植えられたのかは定かではない。
南天実に含まれる成分としては、アルカロイドであるヒゲナミン、イソコリジン、ドメスチン(domesticine)、プロトピン(英語版)、ナンテニン(nantenine:o- methyldomesticine)、ナンジニン(nandinine)、メチルドメスチン、配糖体のナンジノシド(nandinoside)などの他、リノリン酸、オレイン酸が知られている。鎮咳作用をもつドメスチンは、多量に摂取すると知覚や運動神経の麻痺を引き起こすため、素人が安易に試すのは危険である。また、近年の研究でナンテニンに気管平滑筋を弛緩させる作用があることが分かった。また、ナンジノシドは抗アレルギー作用を持ち、これを元にして人工的に合成されたトラニラストが抗アレルギー薬及びケロイドの治療薬として実用化されてい。
・毒成分 ナンテニン、ナンジニン、メチルドメスチシン、プロトピン、イソコリジン、ドメスチシン、リノリン酸、オレイン酸
・毒部位 全株、葉、樹皮、実、新芽
・毒症状 痙攣、神経麻痺、呼吸麻痺

★最新芸能ニュース★


1: ジャム速ニュース jamsoku-news
そのうち何も摂取できなくなるな

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
南天のど飴が禁止ってことが衝撃的

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
スポーツ選手は大変だね。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
おかしな話だね

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
しれっと最後に書かれている、浅田飴禁止に衝撃

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
ドーピングでの制限って厳しいんですね…。
龍角散のど飴は、とばっちりですが逆にスポーツ選手でも使えるって分かりましたね(苦笑)

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
へぇ。
南天のと飴や浅田飴を何粒食べると検出されるか知らないけど、アスリートは大変だ(笑)

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
ドーピングって、一般人にはまったく関係ないよね

 

9: ジャム速ニュース jamsoku-news
このままではコーヒーや緑茶が禁止になるのも時間の問題。

 


10: ジャム速ニュース jamsoku-news
逆に龍角散がこれだけ話題になるほど人気なのがすごい

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
それより含まれる物の中に丁子も入っていたけど………
クローブがダメって事は本格的にスパイスから作るカレーとかホットカクテルも気を付けないとイケないとの事か?

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
ドーピング検査って厳しすぎない??
不正の防止や選手を薬から守るっていうのはわかるんだけど、
市販の風邪薬のんでも反応するような検査はやりすぎのような気がする。

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
そもそも何で南天の成分が禁止なのか知りたいけど…。ドーピング厳しいなぁ…、でも今の時代仕方ないのか?

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
漢方薬も気を付けないといけないってことよね
風邪薬とか麻黄とか入ってるでしょ?

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
昔はこんなに厳しく”ドーピング”なんて事は言わなかったよな?時代が変わったんだろうな。

こちらの記事も要チェック!


どんなに練習しても間違って禁止物が入ってるの食べたり飲んだりしたら大変だからな…
余計なところで無駄なストレスになりそう

▼コチラの記事もオススメ▼