「度重なるケガのため…」怪物、平山相太が32歳で現役引退へ

ベガルタ仙台が26日、FW平山相太の現役引退を発表した。かつてはアテネ・オリンピックで日の丸を背負ったが、近年はケガに苦しみ、昨季はリーグ戦の出場がゼロで終わっている。


怪物、平山相太が現役引退を表明

平成の怪物『平山相太選手』が32歳という若さで現役引退を発表した。

平山は筑波大学を卒業後、オランダのヘラクレスで活躍し、2006年に帰国。FC東京で10年にも渡りプレーしたあと、2016年からはベガルタ仙台でプレーしていた。

日本代表にも選ばれるなど、活躍をしていた平山選手ですが、近年はケガに苦しみ、昨季はリーグ戦の出場がゼロで終わっている。J1リーグ戦で通算168試合に出場し、33得点を記録していた。

詳細はコチラ


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
未完の大器

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
ピークは高校時代かな
ヘラクレス時代かな

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
大型フォワードとして期待されてたけど
駄目だったな

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
大学いったのが失敗だったと思う

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
大迫とイメージが被る

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
進路選択のミスって印象だな

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
平山と兵藤
2年の渡邉千真はまだ中盤でプレーしてたっけ


>こちらの記事も要チェック!


高校時代の平山選手を初めて見た時は衝撃でした…別の形でもサッカーに関わっていて欲しいですね(+_+)