逗子ストーカー殺人、遺族が市を提訴!!!

o0627033912274744968

逗子ストーカー殺人、「住所漏えい」で遺族が市を提訴

thumb-12198-72808-domestic_l zusi

記事によると

  • 4年前、神奈川県逗子市の自宅で女性が殺害されたストーカー殺人で、市の職員が女性の住所を漏らし加害者に伝わったことについて、女性の夫が逗子市に慰謝料を求める裁判を起こしました。
  • 男は犯行前、探偵業者と契約、その業者の発注を受けた別の探偵が、梨絵さんの夫を装って逗子市役所に電話をかけ、住所を聞き出しました。男は住所を聞いた翌日、犯行に及び、現場で自殺しました。梨絵さんは事件前、市に情報管理を厳しくする措置を申し出ていましたが、市は住所を漏らしていました。
  • 梨絵さんの夫は、これは守秘義務違反でプライバシー侵害だとして、25日、逗子市に慰謝料1000万円を求める裁判を起こしました。
  • 「他の市町村の方にも、もう二度と起こさないでください。ちゃんと守るべきものは守るということを伝えたい」(三好梨絵さんの夫)逗子市は「訴状が届いておらず、コメントできない」としています。

詳細はコチラ

逗子ストーカー殺人事件 – Wikipedia

a7ef1832efd2bd9624ebb4410be50ebf

逗子ストーカー殺人事件(ずしストーカーさつじんじけん)とは、度重なるストーカー被害のすえに、2012年11月6日に神奈川県逗子市で女性が殺害された殺人事件。ストーカー被害が把握されていたにも関わらず事件を防止できなかったことが問題視された。

概要

2012年11月6日、神奈川県逗子市のアパート1階居間でフリーデザイナーの女性(当時33歳 以下、被害女性)が刃物で刺殺され、犯人の東京都在住の元交際相手の男性(当時40歳 以下、加害男性)が同じアパートの2階の出窓にひもをかけ、首吊り自殺した。

経緯

2人は2004年頃から交際したが、2006年4月頃に加害男性の納得を得られないまま被害女性から別れた。被害女性は2008年夏に加害男性との交際を清算しきれていない状態で別の男性と結婚し逗子市に転居したが、加害男性には新しい姓や住所は隠していた。被害女性が新婚生活を度々facebookに投稿していたことから2010年4月頃に被害女性の結婚を知った加害男性から嫌がらせメールが届くようになった。メールは次第にエスカレートし、2011年4月には「刺し殺す」などと被害女性を脅すメールが1日に80通から100通送りつけられたため、被害女性はその旨を警察に相談し、同年6月に脅迫罪容疑で加害男性が逮捕される。同年9月に懲役1年・執行猶予3年の有罪判決が確定。同年7月にはストーカー規制法に基づく警告が出され、同年9月には被害女性の家に防犯カメラが設置された。
2012年3月下旬から4月上旬にかけて、被害女性は計1089通に上る嫌がらせメールが加害男性から送りつけられた。メールには「結婚を約束したのに別の男と結婚した。契約不履行で慰謝料を払え」などと書かれていた。女性は警察に相談するが、警察は違法行為に該当しないとして立件を見送った。4月上旬以降はメールが届かなくなり、被害女性から警察に「静観したい」との申し出を受けたが、自宅周辺で頻繁にパトロールを実施した。

みんなの反応

・探偵も問題では?

1000万円の慰謝料なんて裁判費用とか実際勝訴したとしても勝ち取る金額は減るかもしれないことを考えると、この夫はお金が目的じゃなくて本当に訴えたいだけなんだと思う。素人意見としては1億くらいでも足りないくらいだ。

・お役所仕事は人の命までテキトーに扱う

・個人情報の意味を一番わからなきゃならない市役所がずさんすぎる。
夫さん辛いけど頑張って下さい。

・1000万だなんて・・・もっと請求すべき。お役所全体にもっと危機感を持たせないと。

これはほんと頑張ってほしい
住所を教えるなんて、ありえない

・安すぎ、1億とってもいいくらい
でも、1000万でも、1億でも、役所は痛くも痒くもない、市民の税金から出すだけだから

・この事件は訴えられても仕方ないですよね。探偵云々書いてる方もいますが、役所がしっかり運用していれば流出は抑えられたはずです。

1000万では少ないな。一億が妥当。

こちらの記事も要チェック!


ご主人のコメント読むと涙が出てくる(´・ω・`)

関連記事