【※閲覧注意】男に失明刑執行「目には目を」4歳児の視力奪った罪で イラン【同害報復刑】

img_5f9d77be3784041bfdac80ef9fba45d7121002

犯した罪と同じ罰を…

「同じ目に遭わせればいい」という意見はよく目にしますが、そんな“同害報復刑”イランでは今年に入り2回実行しているようです。


イラン、「目には目を」で男に失明刑執行 4歳児の視力奪った罪で

  • イランで8日、4歳の少女の顔に石灰をかけて視力を奪ったとして有罪判決を受けた男に対し、両目を失明させる刑が執行された。テヘラン(Tehran)検察当局によると、イランでこのような犯罪に対して科され得る「目には目を」という厳格な同害報復刑が執行されたのは、今年に入ってこれが2回目だという。
  • シャリア(イスラム法)においては、同害報復の原則が中心的な位置を占めており、国際人権団体による非難を生んでいる。犯罪被害者は、加害者からの賠償金と引き換えに刑罰を免除することもできる。2011年には、同国で近年相次いでいる酸攻撃事件で失明し顔に重度のやけどを負ったアメネ・バハラミ(Ameneh Bahrami)さんが、犯人に同じ苦しみを与えたくないとの理由でこの権利を行使した。
  • (写真:スペイン・バルセロナで写真撮影に応じる、イランで男に酸を浴びせられる被害に遭ったアメネ・バハラミさん(2009年3月5日撮影))

詳細はコチラ

同害報復刑 – Wikipedia

概要

同害報復(どうがいほうふく)は、「目には目を、歯には歯を」という語で表されるような、同一の加害によって報復を行う刑罰である。同害刑(どうがいけい)またはタリオ(羅:talio)とも。
ハンムラビ法典などの古代オリエントの法やイスラム法(キサース)に典型的である。

みんなの反応

目には目+αを。くらいでいいと思う。

・強姦したら逆もあるのかな〜局部切断が一番いいと思うけどなぁー

・自分や身内が被害にあったらと考えると、これじゃダメだって言えない。

・日本にも導入して欲しい

2011年に同じような犯罪を犯した男も、「目には目を」で顔に酸をかけられて失明の刑になったらしい



・我が子が被害者だったと考えるとそれでも足りないくらい

良いと思う!!それが命なら命を・・正しいと思うよ!!

野蛮だけど、これが一番いいのかも。
こじんごとに量刑が軽すぎると感じる場合もある。
これなら、少なくてもやっただけのものが返ってくるのだから、誰もが納得できるのではないだろうか?

・これで良い。
だが子供の方が寿命は永いんだよな

・ちょっと野蛮な気もするが被害にあったのが自分の息子だったなら当然だと思うだろう。

・共感する部分がある。

・日本は被害者より加害者の人権が優先されてしまう気がする
性犯罪や無差別殺人なども仇討ちさせてあげたい気持ちになる時がある

・日本も故意の事件ならそうしても良いと思う

イスラム教はあまり好きじゃないが
こういう所は評価できる。

・一番抑止力もあるし、被害者もその関係者も納得できると思う。

・「アンフェアにはアンフェアを」って本当にあるんだ。
目を疑うような凶悪犯罪のニュースって多いし、犯罪の抑制力はありそう。

この場合死刑よりマシでしょ?っていうのが「目には目を」の趣旨だからなあ。

・自分の子どもだったら、それでも足りないと思うと思うよ、、
あと何十年という人生があるのに。。
ただ、人道的にはダメなんだろうな~。

こちらの記事も要チェック!


アメネさんすごいな。正直自分とか家族が何かされたら「目には目を」くらいじゃ納得できない気もするわ…

関連記事