【速報】ドリフト大会、外れたタイヤが直撃…30代女性が意識不明 栃木県宇都宮市

130413img01

「走行中の車のタイヤが外れ…」30代の女性が意識不明 宇都宮市の日光サーキットで開催のドリフト競技大会


ドリフト大会でタイヤ直撃 観客が意識不明

  • 警察によると、20日午前9時ごろ、栃木県宇都宮市の日光サーキットで開かれていたドリフト競技大会で走行中の車のタイヤが外れて観客にあたる事故があり、30代の女性が意識不明の状態だという。

詳細はコチラ

ドリフト走行 – Wikipedia



ドリフト走行(drifting)とは、自動車や二輪車における走行方法の一つ。

概要

ドリフト走行とは、コーナーリング中にタイヤが滑っている状態を積極的にコントロールして車を操る走行技術のことであり、ステアリングのみに頼らず、アクセルとブレーキの積極的な使用によりスライド状態を維持したまま進行方向を調整する複合的な操作が求められる。「ドリフト」とは英単語の”drift”(漂う)を語源としている。
現在ではタイヤや車体性能の向上もあり、舗装されたサーキットでの派手なドリフト走行はタイムロスになると言われているが、ラリーなどのダート競技や峠道で行われるヒルクライム及びジムカーナ等では、速く走るために積極的にドリフトを行う必要があり、特にタイトコーナー(鋭角的なきついコーナー)や小さなヘアピンカーブなどでタイムを出すのに有効なテクニックである。
また速さを競わないショー(見世物)としてのドリフトも行われている。これは日本がもっとも盛んであると言われ、海外にも愛好家が増えてきている。D1グランプリ、アメリカではフォーミュラDのように、ドリフトコントロールを競い合ったりドリフトの美しさを競う競技も存在する。

みんなの反応

・命に係わる事故が起きる可能性があり、観客も絶対に絶対に安全な場所ではない・・・というのが車の競技。

・モータースポーツは特に危険を伴うもの。観客も例外ではない。どんなカテゴリーでもタイヤが外れて飛んでくる事がある。

・気の毒だけど、誰の責任でもないよね…
本来モータースポーツってのは、そんなモンだよ…

・何とか助かって欲しいです

・モータースポーツでは別に珍しいことではないよね。

・これが、公道での事故なら、問題になるけど。
JAFとか認証を受けたサーキットでの事故なら仕方ないのではと。
ドリフト大会といえども車検はあると思うし……

・飛んできた瞬間の恐怖すごいだろうな

・気の毒だけど、モータースポーツだから。
防ぎようがない。

・車が飛んでくることもあるからねー。特にダートトライアル。

・不謹慎な発言かもしれないが、これは運が無いとしか言いようが無い。

・今回は大会という事で入場には、いかなる事故があっても本人の責任となっているはず。それを了承してないと入場出来ないはず。
モータースポーツはどんなカテゴリーでも事故の可能性があるので、本人が了承して入場している以上仕方ない事。

・ドリフトだろうとラリーだろうとF1だろうと少なからずある。

・元々危険運転してる所に
安全もへったくれもない
それを承知で自己責任で行くべき

・可哀想だけど、自己責任ですね。

・サーキットでの事故じゃしょうがない。

・こればかりは運だし、仕方ないとは言え気の毒だな…

・怖いよね…
助かってほしいです。
乗り物は車もバイクも好きだけど、危険なので競技はBSで見てます。

・タイヤ直撃した女性は気の毒だけど…ドリフト大会って、かなりタイヤ酷使するし、負担かかるのでタイヤ外れる可能性はあるとは思う!モータースポーツに限らず…安全対策していても予想外の事故はありますが…今は女性の回復を願います。

こちらの記事も要チェック!


いっぱい観客いたと思うんだけど、一人だけに当たったのかな…怖すぎる
何とか回復してくれますように!

関連記事