日馬富士が引退でもらえる退職金がヤバイ


日馬富士、解雇ではなく「引退」したため退職金など2億円以上受給

  • 貴ノ岩への暴行が問題となり引退を表明した日馬富士の退職金などが2億円を超えるとわかった
  • 日馬富士は相撲協会から解雇されたわけではなく「引退」のため退職金も受け取れる
  • 退職金5000万、特別功労金5000万、懸賞金の積立金を合わせて2億円超になるという

詳細はコチラ

 

解雇じゃないのが不思議


みんなの反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
解雇になる前に辞めたんだと思ってしまう。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
日馬富士の引退で、全てが終わった訳ではない
事件後、会に出席していた力士達は、何故、速やかに自分の親方にその事実を報告しなかったのか?ということは、大きな問題である
貴乃花親方が貴ノ岩の様子がおかしいのに気付いて本人に問いただしたところ、初めて、事件が発覚した
もし、貴乃花親方が被害届を出していなかったら、会に参加した力士達は何事もなかったかのように、今も平然と過ごしていたのである
これは、会に出席していたメンバーの誰か、もしくは、貴ノ岩を除くメンバーで口裏合わせをし、事件を隠蔽しようとしたと疑われても仕方がない
協会は、この問題を調査し、隠蔽に加担した力士がいるならば、相応の処罰をしなければならない
そもそも、鳥取城北高校の同窓会に関係のない横綱らが、誰から情報を得て、何を目的として加わってきたのかも調査するべきである
これらの問題を精査出来ないのなら、八角理事長は、辞任すべきである

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
おいおい、暴行傷害事件起こして、あっさり引退はないだろう?解雇が妥当。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
朝青龍の時も思ったけど引退して逃げることでこの犯罪者への退職金が支払われる制度も変えるべき

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
そうか、引退なら億のカネが貰えるんだ
本国に色々寄付してもおつりがくるじゃん
ぼろ儲けだな

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
退職金については、暴行について司法判断を待ってから支給の有無、額を決めた方が良いのでは?

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
2億円は凄いな。これだけあれば一生食べるには困らないだろう。しかしなぜ協会は引退を認めたのだろう。本来解雇すべきはず。

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
逃げ足速いな。

 


9: ジャム速ニュース jamsoku-news
協会も何も変える気が無いね。解雇して退職金も出ないと言う前例を作らないとまた同じこと起きる

 

10: ジャム速ニュース jamsoku-news
退職金を辞退するのが横綱の品格だと思うよ

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
結局、協会はなんにもしなかったね
とんでもないことやと思うよ

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
何か擁護される記事が多いと思う。某番組では引退に関して残念に思うが、半分近くの方が思っているとうい結果だったが、うちの職場調べでは90パーセント以上の人が残念に思わないと言っている。ちゃんとした報道してほしい。

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
番付に響くからといって引退届を受け取る協会に問題あると思う。

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
基本的には退職金は給与の後払いという定義なので、無払いには相当の状況が必要。つまり雇用元が被った被害を未払い給与でどの程度弁済させるかとういう事なので。その意味では、現在警察の取り調べが進行中で結果次第では相撲協会のダメージは大きく異なるはずなので、現時点の引退届け受理は妥当ではない。貴乃花の主張のように、全ては司法結果の後とするのが、道義的にも、金銭面からも正解だった。司法結果が出るまでは暫定的に出場停止処分にしておけば、番付への影響もなかった。協会は本当に無能だ。
いや、それも短絡的だろ。不祥事の風化には結構な時間かかる。きっちり片をつけてたらそれだけ遅れて損失を生むことになる。2億なんかじゃ済まんかも どう捌いても批判でてくるし相撲の逆転イメージアップなんて不可能なんだから、相撲協会はさっさと終わらせようと判断したんだろう

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
横綱だから暴力行為をしたらいけないと言ってましたが、そもそもその考えが間違ってる。人としてダメですから!なんか考えがズレてる。親方も泣いてもしょうがない。泣きたいのは被害者。加害者の親が人前で泣くな!

>こちらの記事も要チェック!


もうこれから相撲を素直に楽しめる気がしない…

▼コチラの記事もオススメ▼