【画像】息子が行方不明になった父親「警察はあてにならん」→自腹でヘリを借り探し回った結果、奇跡が…

  • 息子の身を案じ、自腹でヘリコプターをチャーターした父親が人目につかない場所で事故を起こしている息子を発見
  • 息も絶え絶えだった息子は救出され、手術で一命をとりとめた

詳細はコチラ


息子を想う父の愛と行動力が奇跡を起こす

オーストラリア在住のトニー・レスブリッジさんが行方不明の息子を探す為にヘリコプターをチャーター。その結果、大事故で瀕死の状態だった息子を奇跡的に救出出来たというが話題になっている。

14日早朝に車でセントラルコーストからブラックスミスに向かったはずの息子・サミュエル君(17)が約束の時間になっても姿を現さず、携帯にも繋がらず、行方不明になってしまった。

サミュエル君が向かった海岸沿いの道路は死亡事故が多発する「魔のハイウェイ」として有名で、5年前にはそこで自動車事故を起こした人が、5日間誰にも発見されず命を落としてしまったという。

父親のレスブリッジさんは最悪の事態を予期し、翌朝すぐに警察署を訪問。しかし「とりあえず自宅で彼の帰りを待つように」と指示されただけで、まともに取り合って貰えなかった。

父親・トニー・レスブリッジさん

人目につかない場所でもし事故を起こしていたら、息子は死んでしまう

そう思ったレスブリッジさんは飛行場へ急行。「頼む、ここに1000ドル(約9万円)あるから、時間が許す限り息子の捜索を手伝ってほしい」ツアー代理店に頭を下げてヘリコプターを貸し切り、息子の捜索へ向かった。

一行が森林や崖下などをくまなく探していると、10分も経たないうちに1台の事故車両を発見。道路から50m下った雑木林の奥深くに埋もれており、とても地上からは見えない場所にあったという。

レスブリッジさんが急いで車に駆け寄ると、そこには息も絶え絶えな息子の姿が。
サミュエル君は事故の衝撃で体中を骨折。太ももの骨は皮膚を突き破っており、ずっと動けずにいたことから脱水症状も見られた。

「もう大丈夫、お父さんが来たぞ」とレスブリッジさんが声をかけるとサミュエル君は「一杯飲みたいな」とだけ口にしたという。
その後、サミュエル君は病院に搬送され手術の末、一命をとりとめた


海外ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
ヘリを自腹でチャーターしてしまうお父さんマジ格好良いwwww

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
マジGJ言わざるをえないだろ

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
むしろ映画の主人公並の行動力やなwこの人になら抱かれても良いわw

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
子供のためなら何だってする
その心意気が素晴らしい

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
映画化してくれ。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
自分が米国人だからなのか分かんないけど、「もう大丈夫、お父さんが来たぞ」ってセリフが格好良く聞こえるw本物のヒーローだわ

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
素敵だ!パパには脱帽するしかない


>こちらの記事も要チェック!


父ちゃあああああん。゚(゚´Д`゚)゚。
「もう大丈夫、お父さんが来たぞ」はめちゃくちゃかっこいいね!ヒーローだ