【六本木】鉄パイプが工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体

20161014-oyt1i50017-n

<鉄パイプ>工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

as20161014001208_comml

記事によると

  • 14日午前9時50分ごろ、東京都港区六本木3のビルの工事現場から鉄パイプが路上に落下し、歩いていた高齢男性の右側頭部に刺さった。
  • 病院に搬送されたが、意識不明の重体。警視庁麻布署が業務上過失致傷容疑で関係者から事情を聴いている。
  • 工事現場は11階建てのビルで、10階部分で足場の解体作業が行われていた。

詳細はコチラ

関連記事

みんなの反応

・現場系の仕事をしてる身から言わせてもらうと、 解体撤去作業は落下防止の為にロープとシャックルで縛りつけてから外す。ってのが制定されてる筈なんだけど…

足場用の鉄パイプなら直径6センチ位のやつか。

・六本木の話かよ。おっかねえな

・えらくグロイ事故が目立つな…

・頭に刺さったのに重体!?生きてるの?

・日本の話かよ!停電といい東京の企業、気が緩んでるのでは。また原発のような大事故やらかさないようにな

・脳死かな?工事現場を通り過ぎるときは常に上を確認しないと。

あり得ねえ。ただの殺人行為じゃねえか。

・いやぁキツイっす

こちらの記事も要チェック!


一緒にいた奥様も軽いけがをされてるそうです…