【要注意】新しいオレオレ詐欺の手口「ミカンを送る」が巧妙でヤバイ

オレオレ詐欺が最近はかなり巧妙になってきているらしい。最初は「ミカンを送る」など何気ない電話で安心させ、ワンクッションを置いてから2度目の電話で騙すという手口


警戒心をやわらげるため

先月下旬、東京都葛飾区に住む高齢夫婦に息子を名乗る男が「知り合いからミカンがたくさん送られてきたから、そっちにも送るよ」と電話をしてきた。
離れて暮らす親を気遣うような電話に、夫婦は電話の相手が息子だと信じて疑わなかった。

そして翌日も息子を名乗る男から電話がかかってきた。しかし今度は「株でもうけようと思って、会社の金を使ってしまって…」オレオレ詐欺の典型的な手口だったが、夫婦は見抜けず、銀行から600万円を下ろし、訪ねてきた会社の部下を名乗る男に渡してしまったという。

現在では金をだまし取るための電話の前に「予兆電話」と呼ばれる電話がかかってくるのが主流になっているとのこと。
警察は犯人グループの狙いについて「あえて詐欺とは到底結びつかない話から始めて、警戒されないようにしているのでは」と分析す。
詐欺犯は声を録音されることを嫌がるため、かかってくる電話には一旦留守電で対応するのが有効だという。

詳細はコチラ


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
あの手この手でやってくるのね

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
ミカン詐欺

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
オレなら実の息子でも拒否するぞw

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
見抜けないもんなのかな

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
600万も持ってるのね。金持ちの電話番号ってどうやって知ってるんだろう?うちの祖父母は貯金なんてなかったぞ。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
うちの親とかも振込かねんわ、コワイ…

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
そこはかとないみかんの風評被害


>こちらの記事も要チェック!


しかも言うだけでミカン送らないのか クソだ。ご夫婦はミカンも嘘だし騙されるしショックだろうな