タクシー運転手の男性、自分のタクシーに轢かれその場で死亡確認

21日、乗客の荷物をトランクから出そうとして70歳ほどのタクシー運転手の男性が自分のタクシーの下敷きになり死亡した


サイドブレーキかけ忘れ…

21日、神戸市中央区の市道の坂道で乗客の荷物をトランクから出そうとしていた70歳くらいのタクシー運転手の男性が自分のタクシーに轢かれ死亡。

「男性が車の下敷きになっている」と通報があり警察が駆けつけたところ、男性が車の下敷きになっているのが見つかり、その場で死亡が確認された。
このタクシーはサイドブレーキがかかっておらず、ギアがニュートラルになっていたという。
警察は坂道の傾斜で車体が後ろの方へ動き出し、運転手が下敷きになったとみて状況を調べている。

詳細はコチラ


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
その場で死亡確認ってどんな状況だったんだよ…

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
乗客が通報したの?

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
この場合、保険はどうなるの?

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
お客さん可哀想

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
降りてすぐわからんか?

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
客は一部始終を見てたわけか
きついな

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
70歳くらいのタクシー運転手だったら荷物出すのを手伝っちゃうけど
そうしてたら巻き添えになっちゃうのか


>こちらの記事も要チェック!


坂道じゃなかったら死ななかったのかな…ご冥福をお祈りします