『精子』を最強の「特殊工作員」に改造して病気を治す技術が開発される!!!

ドイツの研究者チーム、牛の精子を「運び屋」にして女性の腫瘍を治す…既に標的細胞に精子を導く事に成功

  • 牛の精子を加工して利用し、女性の腫瘍と戦う薬を標的に届ける「運び屋」として利用する技術をドイツの研究者チームが考え出した
  • 精子には女性の生殖器官内で生き延びる準備が生物学的にできており、“体内で働く特殊工作員”として理想的な候補だという
  • 様々な課題はあるものの、精子を標的となる細胞へ導く事に成功。研究はまだ初期段階だが、非常に前途有望という結果だった

 

すげー!!!


精子は「女性の腫瘍」と戦う最強の“特殊工作員”

  • 精子は、体内で働く最強の“特殊工作員”である。
  • そんな精子の特徴に目をつけたドイツの研究者チームは、牛の精子を加工することで、女性の腫瘍と戦う薬を標的に届ける「運び屋」として利用した。

詳細はコチラ

★最新芸能ニュース★


1: ジャム速ニュース jamsoku-news
凄いアイデアだけど、
牛の精子を体に入れるのか。。。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
ドキソルビシンに浸けても精子が死なないところで、まずびっくり。

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
牛人間はでき無いよね?

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
ミノタウロスが生まれたりしないよね。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
まさにこれぞ国境なき騎士団!

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
間違って妊娠しないように……
ケンタウロスになる

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
生きていて新鮮な牛の精子を術前にどう手に入れるのか。さらにそれに鉄膜加工して精子の運動性を保てるのか…
でも興味深い技術である(*^^*)

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
生死を彷徨う病に、より効果的

 


9: ジャム速ニュース jamsoku-news
すげーな!
普段は鼻紙にくるんで
捨てられる存在なのに。

 

10: ジャム速ニュース jamsoku-news
モーそんな想像しちゃ~
ミノタウロスみたいなものが生まれるリスクはないです。人間の臨床実験に突入するまでに色々リスク回避の実験が試されるので…

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
間違ってる人がいるけど、ケンさんは馬だぞ
牛はミノさんだ

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
 男性の体内ではどうなんでしょう…

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
どことなく使い捨てにされる男の悲哀みたいなものを感じるな。

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
牛のスペルマ!斬新過ぎる♪

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
牛の精子も本来の雌牛の役に立って本懐を遂げるなら本望だろうが、なんか異種の役に立ってもなあ。仮に、自分の精子が雌牛の役に立ったと言われても複雑な気持ちなる。

>こちらの記事も要チェック!


精子って優秀だったんだな

▼コチラの記事もオススメ▼