【怖すぎ】ラーメンに人の親指混入!子供と女性客が気付く【静岡の幸楽苑】

ラーメンに人の親指?混入 静岡の幸楽苑、保健所が指導

dscf0340

記事によると

  • ラーメンチェーン「幸楽苑」の静岡市清水区の店舗で提供されたラーメンに、人の親指の一部とみられる異物が混入していたことが12日、わかった。
  • 幸楽苑本社(福島県郡山市)によると、パート従業員が調理中に過って指を切ったといい、静岡市保健所に始末書を提出した。
  • 同社や市保健所の説明によると、混入があったのは幸楽苑の静岡清水インター店。9月10日昼ごろ、店内にいた女性客が、子どもが食べていたラーメンのスープに人の指のような異物が入っているのに気付き、店に伝えたという。
  • 市保健所が女性客の届けを受けて現物を確認したところ、長さ約7~8ミリ、幅約1センチで、爪のついた指の先とみられるものだった。

詳細はコチラ

幸楽苑 – Wikipedia

250px-20100130%e5%b9%b8%e6%a5%bd%e8%8b%91%e6%9c%ac%e7%a4%be

株式会社幸楽苑(こうらくえん)は、福島県郡山市に本部を置くラーメン及び蕎麦、うどん店チェーン経営企業である。持株会社の株式会社幸楽苑ホールディングスが、東京証券取引所第一部に上場している。
ラーメン店としては、全国一の出店数を誇る(直営店及びフランチャイズ店を合算)。

概要

ラーメン業において、かつては福島県内と一部地域では「会津っぽ」、それ以外では「幸楽苑」という名称で展開していたが、のち幸楽苑に統一されている(それ以前は、福島県内でも「会津っぽ」と「幸楽苑」が混在していたこともあった)。2006年(平成18年)3月1日に子会社の「株式会社伝八」を吸収合併したことから、うどん・そばや和食事業も展開している。
福島県創業のため、店舗の多くは南東北及び関東地方に存在する。基本的には直営店舗であるが、一部でフランチャイズ展開も行っている(2015年3月時点で直営504店、フランチャイズ17店)。北海道へは2012年に、中国地方へは2014年に進出。
店舗は積極的に新規出店、スクラップアンドビルド、業態転換を行っているので、店舗数の変動が大きい。2000年代後半以降は事業の好調を背景に東京都港区や千代田区など都心部への新規出店を行なっている。
2000年代後半以降、一部の店舗をリニューアルし「新幸楽苑」に名称変更する店も増えている。看板の色は黄色。幸楽苑との違いはサイドメニューを増やしている点など。当初「中華そば」は取り扱わず定食類を充実させるなど既存店との差別化を図ったが、方針転換により名称はそのままで通常の幸楽苑と同じメニューを扱い、定食類はすべてなくなった。中華そばの価格は従来店と同じ290円(税別)で販売した。
2014年11月、幸楽苑は290円(税別)の中華そばを廃止し、520円(税別)の新醤油ラーメンに切り替えると発表した。この発表は、幸楽苑が高価格路線を目指して大きな賭に出たと話題を呼んだ。

関連記事

みんなの反応

・これは駄目でしょ。異物の範囲を越えてる。

・想像したくない

本人は気が付かなかったのか

・明日食うつもりだったが食欲が失せた。

・切った方も気の毒だし、なんとも注意しづらいが・・・食う方は、たまったもんじゃないな。怖ええ。

・指の一部は…混入してダメなものでしょ。

これは…当事者たるお客が気の毒過ぎる。もう一生、ラーメン食べられないかもよ!?

・再発防止って、簡単に言えるレベルじゃない気がする。

・指が入ってた以前に、痛い!!って思ったのは俺だけ?

>こちらの記事も要チェック!


子供さん間違って食べなくてよかった(´・ω・`)