小6の男の子が髪の毛を伸ばしている理由が素晴らしすぎると話題に!

蒲町小6年の平寅次郎君(12)は4年生の頃から髪を伸ばし続けている。その理由に称賛の声が集まった


「困っている人のために役立ててほしい」

病気で髪を失った子どもに髪を寄付する「ヘアドネーション」のため、蒲町小6年の平寅次郎君(12)は髪を伸ばし続けている。この春、中学入学を前に伸ばした髪を切る決心をした。

寅次郎君は身長153cm、髪は60cmまで伸びた。学校に行く時はポニーテールにしたり、ターバンをつけているという。

ヘアドネーションは病気で髪を失った18歳以下の子どもに無償提供する医療用ウィッグを作るために毛髪を寄付する活動。
寅次郎君は小学4年生の時、ヘアドネーションを取り上げたテレビを見て「やってみたい」と髪を伸ばし始めた。
当初はクラスメートから「男のくせに」とからかわれ、道では何度も女の子に間違えられたという。しかし、寅次郎君の「誰かの役に立ちたい」という思いは変わらず、一度も髪を切らずに伸ばし続けた。

次第に周りも長い髪に慣れ、理解の輪も広がった。寅次郎君の影響で友達の女の子も髪を伸ばし初めたり、弟の在音(ざいおん)君(9)も1年生の頃から兄を真似て髪を伸ばし始めた。学校や担任も暖かく見守ってくれているという。

詳細はコチラ



ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
普通なら虐めにあってもおかしくないのに、自分の信念を貫き通し回りに認めさせたことが凄い!!
しかも「卒業を機に髪を切る」そして、自分の主張通り寄付をするという、自身の言っていたことをみんなに証明するんですね。
良いお子さんですね

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
子どものカツラは子どもの毛から作るほうが、髪質からも出来上がりがいい思うから、とてもいいことだと思う。
毎日大変だっただろうに、なんていい子なんだろうか。
この子の将来はNPOかNGOか?
楽しみだね。

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
男の子は少し髪を長くするだけでも周囲から色々言われるだろうし、みんなに理解されるまで辛かった時期もあっただろうなと思う。卒業まで信念を貫いたのは偉い。それも自分の欲ではなく善意。
周りの理解を得たどころか、同じように髪を伸ばす子も出てきたなんて。
こういう子は周囲にもいい影響を及ぼすんだな。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
冷やかしや心無い言葉に負けずに、意思を貫いて人を助けたいと思う想いは素晴らしい!綺麗な髪、、、子どもの髪って独特のだからきっと役に立つと思います!

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
長い髪も似合うやん!
その信念かっこいいぞ!

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
すごい!かっこいいと思う!
周りの目とか気になるから、小学生でこれは出来ないと思う。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
素敵なお子さんですね(^-^)
我が子も、周りの意見に左右されない芯の強い子に育ってほしいです。
小学校ご卒業、おめでとうございます!


>こちらの記事も要チェック!


自分を信じてやり抜くのがすごい、大物な小学生や…