山尾志桜里議員の不倫まとめ「若い頃の画像&モテ話」「旦那がヤバイ?」「流出写真」倉持麟太郎弁護士との出会いなど!

山尾志桜里議員、不倫で民進党離党も実は「離婚協議中」だった?不倫騒動の全貌を解明

民進党・山尾志桜里議員が不倫疑惑を報じられ内定していた幹事長の座は取り消しになり、離党しました。
不倫相手と報じられているのは、テレビ等にもコメンテーターとして出演中のイケメン弁護士・倉持麟太郎。
著名人の不倫叩きが過熱する中、当たり前のように山尾議員の不倫もバッシングを浴びる事となりました。

そんな不倫叩きもとうとう「叩き過ぎだ」という声が上がってきていますが、それでも山尾議員へのバッシングは止まりません。
それは、山尾議員の過去に原因があるようです。

◆山尾志桜里議員、倉持麟太郎のプロフィール
◆不倫の内容・写真
◆2人はどこで知り合った?
◆若い頃の山尾志桜里議員
◆宮崎謙介議員の不倫を批判した過去
◆民進党・蓮舫議員との関係
◆山尾志桜里議員の旦那の会社がヤバイ?

などについて書いていきます。


関連人物プロフィール

山尾志桜里議員のプロフィール

名前:山尾志桜里(やまおしおり)旧姓:菅野(かんの)
配偶者:山尾恭生
出身地:宮城県仙台市
生年月日:1974年7月24日(現在43歳)
前職:検察官
出身校:東京大学法学部
所属政党:民進党→無所属

2011年1月5日に長男を出産。聖徳学園小学校4年生在学中の1983年、英語学校のアマチュアミュージカル『アニー』で主役を務めたことで知られています。

今回の不倫の他にも「地球5周分にもなる228万円のガソリン代を不正に出費した疑い(後に秘書に責任押し付け)」や「1日数万円のコーヒー代を計上している」と有名になりガソリーヌ山尾という不名誉なあだ名がネット上で付けられることに…。

2016年2月19日には国会質問で「保育園落ちた日本死ね!」と題した匿名ブログについて取り上げ、与党自民党を批判。のちにこの「保育園落ちた日本死ね」は流行語大賞を受賞しました。

山尾恭生プロフィール

名前:山尾恭生
出身地:東京都
生年月日:1974年(43歳)
出身校:東京大学卒
所属:株式会社セレージャテクノロジー(IT企業)

2004年に山尾志桜里と結婚。東京大学卒業後NTTに就職するも1年で退職。「アルチェ」というポータルサイト運営の株式会社「アルチェ」を設立し23歳の若さで起業家に。
アルチェ運営の女性用コミュニティサイト【凛】は会員数25万人を越える大規模サイトに発展。
2004年、ホリエモンこと堀江貴文のライブドアに買収され、ライブドアの上級執行役員の座につきます。しかし堀江貴文がライブドア事件で逮捕。
それを機にライブドアを退職し、元ライブドアの社員を集め株式会社セレージャテクノロジーという会社を結成し、代表取締役を務めています。

倉持麟太郎弁護士のプロフィール

名前:倉持麟太郎(くらもちりんたろう)
出身地:東京都渋谷区
生年月日:1983年1月16日(現在34歳)
身長:
出身校:慶応義塾大学法学部卒業、中央大学法科大学院修了
所属事:弁護士法人Next代表弁護士

現在は母校の慶応義塾大学・大学院法務研究科で非常勤講師として教えており、東京MX「モーニングクロス」のレギュラーコメンテーターも務めています。(9月12日の回では出演見送りになっていたそうです)

奥さんと子供がいると報じられており、軽度の脳梗塞を患う奥さんを実家で療養するように仕向けその間に山尾議員と不倫を重ねていました。この情報が事実ならなかなかのゲスです。
なんと、妻の不在に山尾議員を自宅に連れ込んで「打ち合わせ」をしていたという話もあるから驚き。


週4不倫を週刊誌に激写される

週刊文春が山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士の不倫を激写。
9月2日、山尾議員が民進党幹事長に内定した夜、都内の高級ホテルの36階ダブルルームにチェックイン。そしてワインやビールを買い込んだ倉持弁護士が山尾議員の待つ部屋に消えていったそうです。
そして翌朝早朝にチェックアウト。

この件が報じられ、山尾議員は内定していた幹事長は取り消し、離党となりました。
しかも、週刊文春の取材班は2人の不倫を週4回も目撃。「絶倫すぎる」とネットで話題になりました。
週刊文春の取材に山尾議員の事務所は

「(倉持氏との男女関係について)そのような事実は一切ございません。仕事上の関係です」

詳細はコチラ

と回答。9月7日夜の釈明会見でも不倫疑惑を否定するもコメントを読み上げるだけで、報道陣からの質疑応答を避けるように足早に国会を後にし、「質疑は受けるべき」と党内からも批判が上がっていました。

2人の出会いは山尾志桜里議員の「離婚協議」

山尾議員の夫の知人の話によれば、山尾議員は離婚について倉持弁護士に相談をしていたそうです。

「じつは山尾さんとAさん夫婦は離婚を協議していて、倉持さんはまさに志桜里さんが離婚を相談していた弁護士なんです」

詳細はコチラ

2016年4月に「女性自身」が山尾議員に密着取材した際には、

「へとへとになる毎日を癒してくれるのは、息子とのハグと、主人との芋焼酎ロック晩酌です」

詳細はコチラ

と、夫と仲睦まじい様子を報告していたようですが、実は既に夫婦関係は危機的状況にあったようです。
原因は夫・山尾恭生のビジネス。

「システムエンジニアは慢性的な人材不足です。A氏の会社も例外ではなく、自分の人脈とアイデアで仕事を取ってきても開発するスタッフがいなかったそうです。そのうち『手付金を払って仕事を発注したのにシステムの納品がない。もともと開発するつもりがないのに、Aは金だけ集めたのではないか』と憤るクライアントも出てきました」(IT業界関係者)

詳細はコチラ

訴訟にまで発展したケースもあったといい、昨年5月の「週刊文春」でも2000万円がからむ山尾恭生の会社の取引に違法な可能性があると報じられたことも。

↓ちょっとヤバそうな写真もありました。

夫の金銭トラブルが山尾議員の議員会館事務所にまで持ち込まれる事もあったそうですが、それでも山尾議員は最初は夫を庇ったといいます。
しかし、中には夫から知らされていない事業などもあり、山尾議員は徐々に不信感を募らせていきました。
大学時代の友人に山尾議員は「夫が何の仕事をしているのかわからない」と漏らしていたそうです。

「Aさんは離婚を望まなかったそうですが、山尾議員は夫が政治活動の足を引っ張る存在となりつつあったのだから見限るしかなかったのでしょう」(前出・A氏の知人)

詳細はコチラ

夫婦双方で弁護士にしながら離婚へ向けて話し合いを進めてきましたが、そこで山尾議員と倉持弁護士の不倫が発覚。夫は週刊文春の取材によって初めて妻の不倫を知ったそうです。


山尾志桜里議員の「若い頃」の写真

今でも美人だと言われる山尾議員ですが、アニーを務めた時の写真と「アニーの100日受験講座」という本の表紙になった時の写真がこちらです。



山尾議員は大学時代、ラクロス部のマネージャーを務めており、かなりモテたようです。

「当時は、駒場祭のときにミスコンなどのイベントが行われる13号館前広場がキャンパス内でいちばんお洒落なスポットで、学内の可愛い女の子がよくたむろしていました。少し濃いめの化粧をした菅野さん(山尾の旧姓)の姿もよく見かけましたよ。

背は低いけれど、肉感的で男子たちのあいだでは『駒場三大巨乳』の一人と噂されていました。特に夏場はむっちりとした二の腕も魅力的で、口の悪い学生は『ボンレスハムみたいでいいなあ』と評していた。彼女のことを意識しなかった男子はいませんでしたね」(同窓生)

詳細はコチラ

「当時のラクロス部は、設立されて10年も経たない新しい部で、合コンや飲み会が大好きな遊び人の集まりでした。準備体操やストレッチしながらも、いつも女の子やセックスの話ばかりするような雰囲気でしたね。

菅野さんは東京の共学出身ということもあって、あか抜けているし、男のあしらい方も上手く、男子たちが下ネタを言い合っていても平気で話の輪に入ってくる。自分が可愛いということを十分に理解しているのですが、それを鼻にかけるようなところもないから、すごくモテていましたね」(ラクロス部OB)

詳細はコチラ


山尾志桜里は過去に他の議員の不倫を批判していた

以前、自民党・宮崎謙介衆院議員(35)が地元・京都で女性タレントの宮沢磨由(34)と不倫・密会していたことが週刊文春により報じられました。



▼不倫相手だと報じられたグラビアアイドル・宮沢磨由(みやざわまゆ)

宮崎議員の不倫について山尾志桜里議員は当時テレビで厳しく批判
番組内で宮崎議員が31回ため息をついたことを報じられると山尾議員は、

「31回ためいきをついたということですけど、こっちがため息をつきたいよという感じです」

詳細はコチラ

などとコメント。「悪いことしておきながら涙目で潔くすれば、男の美学みたいなちょっと続いているのかなというところに違和感があって、緩んでいるのかなという気がすごくします」と徹底的に批判していました。

↓動画がこちらです。

偉そうにテレビで不倫を批判した後で自分のダブル不倫が報じられたことで「ブーメラン」とネット上で叩かれまくることに。
「不倫叩きすぎ」という意見が最近では増えていますが、これじゃ叩かれますよね…。

民進党・蓮舫議員と山尾志桜里議員の関係は「犬猿の仲」

山尾議員の不倫相手の倉持弁護士はなんと、蓮舫議員の二重国籍問題の担当弁護士だったそうです。
それを知った蓮舫議員は、

「知らなかった。本当にあり得ない。こんなことが許されていいのか!」

詳細はコチラ

と、国籍や蓮舫議員のプライベートな情報が倉持弁護士によって山尾議員にだだ漏れになっている可能性を考えてか激怒していたそうです。