【画像】真っ白や!白あん「赤福」&「黒糖入りの復刻版赤福」限定販売!ウマソーーーーーーー(*゚Д゚)

三重県伊勢市の和菓子の老舗『赤福』が「白赤福」と「復刻版赤福」を4月の全国菓子大博覧会で限定販売!

  • 和菓子老舗の赤福(三重県伊勢市)が江戸〜明治時代に黒砂糖を使ってつくられていた赤福餅をイメージした復刻版と、白あんの赤福餅を販売する
  • 4月に伊勢市で開幕する全国菓子大博覧会での「限定販売」
  • 黒砂糖味の復刻版は12個入り1100円。白砂糖のものよりも甘みがやや強いという

 

これはぜひたべたい(*^o^)



白あん「赤福」4月に限定発売へ 黒砂糖味の復刻版も

  • 和菓子老舗の赤福(三重県伊勢市)は、江戸時代後期から明治時代末期にかけて黒砂糖を使ってつくられていた赤福餅をイメージした復刻版と、白小豆を使った白あんの赤福餅を、4月に同市で開幕する全国菓子大博覧会で限定販売する。
  • 赤福によると、1707(宝永4)年の創業当初は塩で味付けし、江戸後期に黒砂糖に切り替えた。白砂糖を使った現在の赤福餅は1911(明治44)年に皇室に献上したのが始まり。第1回菓子博がこの年に開かれたこともあり、地元開催に合わせて土産用に復刻版をつくることにした。
  • 黒砂糖味の復刻版は12個入りで1100円(税込み)。白砂糖のものよりも甘みがやや強いという。包装紙は当時のものをイメージしたものにする。
  • また、菓子博では、初めて白小豆を使った白あんの赤福餅も売り出す。会場内の茶屋で、通常の赤福餅との2個セットを210円(同)で提供する。菓子博は4月21日~5月14日に開かれ、60万人の入場者が見込まれている。

詳細はコチラ

赤福餅 – Wikipedia


赤福餅(あかふくもち)は、三重県伊勢市の和菓子屋赤福の和菓子商品である。餅菓子であり、いわゆるあんころ餅の一種。餅を漉し餡でくるんだもので、漉し餡には三つの筋が付き、五十鈴川の川の流れを表しているとされる。餅は傾けて持ち帰ると崩れることがあるほど非常にやわらかい。

茶店風の本店が伊勢神宮内宮前のおかげ横丁にあり、そこでは例年、夏場に「赤福氷」という、抹茶氷に赤福餅を入れたもの、冬場は赤福の餅と餡を使った「ぜんざい」が供されている。この「赤福氷」と「赤福ぜんざい」は、本店の他に、伊勢志摩地区・名古屋地区・大阪地区の一部の直営店でも、季節限定品として供されている。

概要

赤福の正確な創業年は不明だが、江戸時代初期には皇大神宮(伊勢神宮内宮)前、五十鈴川のほとりで既に「赤福」の屋号を持つ餅屋を営んでいたといわれる。1707年(宝永4年)執筆、1708年(宝永5年)刊行の市中軒の浮世草子『美景蒔絵松』に、伊勢古市の女が「(恋仲になった男が)赤福とやら青福とやら云ふあたゝかな餅屋に聟に入りを見向きもしなくなってしまい、その裏切りがくやしうて泣いております」と嘆いたという話があり、これが「赤福」の屋号の初出である。そのため、現在は1707年を赤福の創業年としている。
「赤福」の名は1895年(明治28年)の『神都名勝誌』では、餡を入れた餅を大福と呼ぶ対比として、赤い餡をつけた餅であるから赤福と称したと推察している。1929年(昭和4年)の『宇治山田市史』ではこの説を採用し、その他の説はこじつけであるとしているが、赤福のホームページではまごころ(赤心)をつくすことで素直に他人の幸せを喜ぶことが出来る(慶福)という意味の「赤心慶福」(せきしんけいふく)に由来するとしている。名前の「赤」にちなんで包装も商品名のロゴも赤いが菓子自体の色は厳密には小豆色であり赤ではない。
当初は、砂糖が貴重品であったために塩味の餡であった。1727年、江戸幕府の8代将軍、徳川吉宗が砂糖の原料となるサトウキビの栽培を奨励し、砂糖の生産高が増えたことから、赤福も次第に黒砂糖餡を使うようになった。

★最新芸能ニュース★


1: ジャム速ニュース jamsoku-news
これは気になる

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
うわー!食べてみたいけど三重は遠い…

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
白あん 美味しいのかな?でも 期間限定だし、1度は食べてみたいな。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
復刻版の方が気になるな

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
ぜひ食べてみたい!
楽しみです。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
本当は行って買うべきなんだろうけど
ネット販売、希望です

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
白あん、どうなんだろう??
赤福好きだけど最近食べてない。似たようなのなら食べたけど、それもおいしいし。
久しぶりに本物食べたいなぁ・・・

 

8: ジャム速ニュース jamsoku-news
類似品とか色々あるけど、やっぱ赤福よね。

 

9: ジャム速ニュース jamsoku-news
今でも甘いのに、今より甘いって凄いな。

 


10: ジャム速ニュース jamsoku-news
朔日餅よりもっと盛り上がりそう!

 

11: ジャム速ニュース jamsoku-news
現地でもかなり並ぶんだろうけど、食べてみたい

 

12: ジャム速ニュース jamsoku-news
食べてみたいけど、
なんだかんだ普通のが一番美味しいのかも。

 

13: ジャム速ニュース jamsoku-news
うわあ、、、。もはや赤福じゃないけど気になる。

 

14: ジャム速ニュース jamsoku-news
赤福は賞味期限が厳しいからな

 

15: ジャム速ニュース jamsoku-news
めちゃくちゃ気になる
博覧会に行くから絶対食べよ
今から楽しみやわ

>こちらの記事も要チェック!


老舗だから期待値高い!

▼コチラの記事もオススメ▼