【画像】TOKIOの真似してイチゴを品種改良した農家、とんでもない新品種イチゴを誕生させてしまう!!

平均糖度16というブドウ並の甘さが自慢の新品種イチゴ「咲姫」は、TOKIOのメンバーがイチゴの品種改良をする姿をテレビで視聴し、見よう見まねで育成に成功したものだという。


TOKIOの真似して品種改良したら超美味しいイチゴが誕生!

佐賀県白石町の農家の中村和好さん(65)が作り上げた新品種イチゴ「咲姫」は昨年2月に品種登録を受けた。
平均糖度16という甘さが武器で、海外からの引き合いも強い有力品種になっているという。
このイチゴを開発したきっかけは、アイドルグループのTOKIO。
TOKIOメンバーがイチゴの品種改良をする姿をテレビで視聴し、見よう見まねでやってみた結果、育成に成功したという。

テレビの企画でTOKIOが未熟花に花粉を付ける様子を見て、「自分もやってみよう」と思い立ち、当初は趣味として取り組もうと考えていたため、テレビの情報のみで改良に着手。
本を読んだりもしなかったというが、始めから交配はうまくいったという。

TOKIOがいなければ出来なかった品種、ぜひ食べてもらいたい」と中村さんは笑顔で話した。

詳細はコチラ


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
鉄腕ダッシュ視聴

農家「TOKIOが品種改良しとるやんけ……俺にも出来るやろ!」

日本1の糖度を持つ苺「咲姫」誕生

こんなん草生えるからwwwwww

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
リーダーの愛読紙「日本農業新聞」にこんな記事が!!

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
イチゴ農家のやる気に火を付けたとか、TOKIOなんなのwww

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
プロをしてやってみようと思わせるTOKIOとは

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
イチゴ業界をも動かすTOKIO

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
TOKIO兄さんって本当に偉大だしそこから品種改良に挑戦した農家の方もすごい

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
あといくつ伝説残す気なんだ


>こちらの記事も要チェック!


何事も挑戦することが大事なんだなって(´∀`*)