母の自己犠牲美化?大炎上した『あたしおかあさんだから』作詞・のぶみが謝罪「僕がバカだった」

絵本作家・のぶみ(39)が2月8日、自らが作詞を手掛けた楽曲「あたしおかあさんだから」への批判を受け、謝罪した


「本当に僕がバカだったと思う」

献身的に子育てに励む母親の心情をテーマにした『あたしおかさんだから』の歌詞の内容について、ネット上では「母親の自己犠牲を美化しているのではないか」と批判が殺到。
批判を受けて、作詞したのぶみがツイッターで謝罪した。

▼関連記事

詳細はコチラ


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
なんかもやもやする

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
自分で作詞しておいて、その世界観を『バカだった』と思うなら、作詞しない方がいい。他人にどう思われても、自分の作品に誇りと責任を持つべきだろう。謝るぐらいなら何故作詞したのか…

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
相変わらず後味の悪い終わり方である

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
創った詩の内容が万人ウケしないと謝罪しないといけないとか世も末。こういう批判気質が表現の自由を著しく侵害していると思う今日この頃。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
とにかくこれだけは言えます。何もこの程度の表現で謝る必要はありません。ただ、やっぱりここはイタイのとヤバイのが多いなと育児ママネタの危険性を認識すれば良いだけです。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
こういうのって聴きたい奴は聴く。聴きたかない奴は聴かない。じゃダメなのかね?

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
まあ勘違いされる言い回しをしたのは文法的にダメなんだろうな。


>こちらの記事も要チェック!


別に悪いことしたわけでもないのに「許さない」なんて言われるのはちょっと怖い