授業で「今から配る紙をグシャグシャにして下さい」→その後の先生の言葉が胸に突き刺さって忘れられない

「今から配る紙をグシャグシャにして下さい」と言われ、グシャグシャにした後で言われた先生の言葉が胸に刺さって離れないというツイートが話題。


いじめとは…

いじめといえば中学か高校の時に外部講師的な方に
今から配る紙をグシャグシャにして下さい」と言われて、皆が紙を丸めたり踏んだりした後に
ではそれを元通りにして下さい。…どう頑張っても元の綺麗な紙には戻りませんね?それがいじめです」って言って教室が静まり返ったのは今も忘れられない。


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
自分もその授業受けました
授業よりその後自分の親に
「その紙を鉄の板に変えれるのは自分だけ、はっきり言うていじめなんかどこいってもある
すぐ折れて破れる弱い紙の自分で居るなよ
そんなもんは甘えで紙みたいな弱い人間じゃ世の中渡っていけん
鉄の板になれ」
って言われたことのが印象にあります

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
小学校の頃に先生から似たような事を教えて頂きました
左手を右手で何度も叩くというものでした。
腫れても赤くなっても何度も何度も…
先生は、「叩いた方は痛ければやめられるけど、叩かれた方は痛くて苦しくて、いつまた叩かれるか分からない。辛い、怖い。
これがいじめです。」と仰っていました

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
だからこそ怖いですね。加害者側の気付かない内にどんどん行為がエスカレートしてしまう…いじめられる側はたまりません。
リプライありがとうございました。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
自分は「覆水盆に返らず」という言葉が思い浮かびました…。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
いじめをやる奴なんてむしろ相手に取り返しのつかないこと(自殺とか)が起こったらお祝いするようなメンタルなのに効くのかな? でもそこまでの狂気がなく流れでいじめるタイプの人が少しでも減るんなら有効かな。

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
大切でも必要でもない紙なら、いくらでもぐしゃぐしゃにして捨てていい、という解釈。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
指導としては、「グシャグシャになって元に戻らなくなった紙は、あなたにとって大切なものではないかもしれないが、他の誰かにとってはとても大切なもので、その人はグシャグシャにしたあなたのことを決して許さないだろう」ってことを理解させる必要がある


>こちらの記事も要チェック!


いじめダサイ(´・ω・`)