「発達障害の子に『なんでできないの?』と言うのは○○と同じ」→わかりやすくてハッとしてしまった…

支援学校の先生が教えてくれた、わかりやすくてハッとする話。言葉には気をつけたいものですね…


話題のツイートより


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
スクショさせてもらいました。
こんど吃音症で何か言われたら見せてやろうと思いましてw

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
軽度と重度があって、それで周りの扱いも極端に変わるからなー。「目に障害がある」といっても、メガネと全盲じゃ全然違うように、軽度と重度を同じ発達障害として呼び名が一括りなのも問題だと思うわ。

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
努力なんて恵まれた人間の特権にすぎないんだよな

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
でも社会に出るとハッとしなくてもさらっと「つまりあなたには絶対に○○はできないのね」となるだけで何かが免除されたりするわけではないので、部分的に他人より努力が必要と言われておいてもいいんじゃないかと思う。才能や資産があるなら別だけど。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
努力するための努力が必要なんだよな ギアが一個余分に付いてるというか

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
微妙に違和感があるな…。いわゆる発達障害の場合は、視力が0.3とか0.2とかそのくらいで、眼鏡を掛ければ全然問題なく目が見えるのに、『障害者』とレッテルを貼られて排除されるという方が近いのでは。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
先ず「なんでできないの?」なんてセリフは発達障害か否かにかかわらず、相手を追い詰める煽り文句以外の何物でもないので、何処がものすごくわかり易いのか全く判らん。


>こちらの記事も要チェック!


「なんでできないの?」って言葉は凶器だよね…(´・ω・`)