有名作曲家が「夢は全て叶うよ」と中学生に助言した結果→絶望すぎる…

有名な作曲家である渡邊崇さんは助言を求められた中学生から返ってきた言葉に衝撃を受けたという。これは悲しい…


話題のツイートより


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
全面的に同意なのですが、一つだけ強調しておきたいのは、夢を叶えるのに重要なのは
「「「適切な努力」」」
だということです。適切でない闇雲な努力は夢に届かないどころか、人生を棒に振る羽目になるのでだめです。

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
やりたいと思えることが一番重要な才能なのに才能論に流されて趣味に手を出さない人は本当にもったいない
一度経験したら未経験の時より上手くできるという単純な話で多くの経験を積めばなんでも上手くなるのに
どう説得しても納得してくれない人が多くて悲しい

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
才能の賜物とか天賦の才みたいな信仰が、芸術分野に金を出さない国を作っているんじゃないかと思った。
芸術もスポーツと一緒で、努力し続けないとすぐに鈍って結果が出せなくなるというのに。

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
成功した人全てが幼いころからずっとやってるわけじゃないのに、そう決めつけて、ほかの場合は天才の一言で片付けてしまうんですよね。
かの上原浩治も大学?から野球本格的にやったはずですし

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
次お世話になる会社の社長さんの何かのインタビューで、
『若い世代がリスクがリスクがって縮こまる必要がどこにあるんだ、失うものも守るものもないのだから。守るものよりもこれから攻め込める領域のほうがはるかに大きい』ってのがあるんだけどほんまその通りやなってな

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
現実を見ろという大人を叩く人は多い。だが自分が企業の採用担当者として、夢半ばで転身したもう若者とは言えない人間を採用するのか?
遠くから応援するけど身内に夢追い人がいるのは困るとか
子供はちゃんとそんな大人を見ている

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
ほとんどの人は想い描いた夢からは程遠い現実で生きています。自分の足元を見て判断した方がいい。分不相応な夢を見て、突っ走って、実現できなかったら、そっからどーすんのさ?親のスネかじる?スネがある間はそれでもいいさ、親の資産を食い潰した後は?生保ですか?(¬_¬)


>こちらの記事も要チェック!


現実を教えるのも大人の仕事かもしれないけど12、13歳でこれは悲しい…(´;ω;`)