【悲報】2月20日からYouTubeの参加基準が厳格化!底辺ユーチューバー終了へ…

  • 2月20日から広告収入を得るための参加基準が厳格化へ
  • 過去12か月間の総再生時間が4000時間以上、チャンネル登録者数が1000人以上であることが必要に
  • 不適切な動画で広告収入を得ることが問題となっている

詳細はコチラ


YouTubeの参加基準が厳格化!広告収入を得ることがより困難に


2018年2月20日からYouTubeのパートナープログラムの参加基準が新しくなる。新しい基準では、参加するために過去12か月間の総再生時間が4000時間以上、チャンネル登録者数が1000人以上であることが必要になると判明。去年4月の時点では総再生数が1万回を超えていれば参加できた。

ざっくり言えば再生数や登録者数が少ないYouTuberは基準を超えるまで、広告で収入を得ることはできないということ。これは人種差別や過激派に賛同する不適切な動画を公開し、広告収入を得た問題から来ている模様。

2月20日から参加基準をクリアしていないと収入がなくなる。さらにコンテンツに見合った広告なのかなどのチェックは人間が行っていくことも明らかとなっている。


ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
ワイもそろそろユーチューバーになってオカンに楽させてやるかな

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
捨て垢登録と繰り返し再生放置するビジネスが

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
ユーチューブで必死にチャンネル登録させようとしてる奴ら多いけど
チャンネル登録したからと言ってこっちにはそんなにメリットなくね?

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
子供達の将来の夢がwww

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
自称ユーチューバ―が淘汰される時代に!w

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
質を評価する方式にしないと再生時間稼ぎ・登録者数稼ぎのための糞動画が増えるだけなのでは…

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
これらの条件をかけたところで、問題を起こしたヤツは該当しないんだがどういうこと?


>こちらの記事も要チェック!


元々そんなに簡単な世界ではないと思ってます!しかし、参加する人が減りそうではあるよね…そして新たな問題が生まれそうな予感”(-“”-)”