自殺遺体撮影で炎上のユーチューバー、金で解決しようとしてまた炎上wwwwww

日本で自殺者の遺体を撮影した動画や、迷惑行為を撮影した動画をYoutubeにアップし炎上したローガン・ポールが100万ドルの寄付をすることを表明。


自殺予防ライフラインに1億1000万円寄付することを表明

アメリカの人気ユーチューバー、ローガン・ポールは日本の青木ヶ原の樹海に立ち入り、自殺者の遺体を撮影、それを笑い飛ばすという動画や、日本の街中で数々の迷惑行為を行う様子を撮影した動画を投稿し世界的に炎上。

それを受けてポールは今までの作風とは違う内容の新しい広告なし動画を公開。
自殺を考えている人を救うための5か条を紹介するなどし、最後には自殺予防ライフラインに100万ドル(約1億1000万円)を寄付することを表明
「これは始まりに過ぎない」と締めくくっているという。

▼関連記事

詳細はコチラ


動画

ネット上の反応

1: ジャム速ニュース jamsoku-news
お金で解決ですか?

 

2: ジャム速ニュース jamsoku-news
金出せば済む問題じゃない!

 

3: ジャム速ニュース jamsoku-news
遺体動画よりも、日本で色々起こした犯罪の方が問題じゃないか‥
走ってる車に投げつけたり、子供誘拐スレスレだったり、築地で迷惑かけたり‥
逮捕してほしい

 

4: ジャム速ニュース jamsoku-news
これまでYouTubeで稼いだ金を全額出しても許されない。
YouTubeは、彼にもっと厳しいペナルティを課すべきでしょう。

 

5: ジャム速ニュース jamsoku-news
1億なんて痛くも痒くないだろうからな

 

6: ジャム速ニュース jamsoku-news
金の問題ではない。人間性の問題。その辺が分かっていないようでは先が見える。

 

7: ジャム速ニュース jamsoku-news
カネで解決・・・そうですか
そういう問題ではないような気がしますが


>こちらの記事も要チェック!


そもそも面白おかしく自殺した人の遺体撮影して動画アップしたやつが「自殺防止への取り組み」ってめちゃくちゃすぎないかね…寄付は結果的にその団体は助かるのかもしれないが